[事例ニュース]

村田製作所、グローバル経理財務システムをSAP S/4HANAで構築、日本IBMが構築支援

2018年7月4日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

SAPジャパンと日本IBMは2018年7月4日、村田製作所が、グローバル展開のための経営基盤を支える「グローバル経理財務システム」を構築したと発表した。第1弾として日本国内向けシステムを2018年5月15日に稼働させた。2021年をめどに、グローバル展開を完了する予定である。

 グローバル経理財務システムは、独SAPのERP(統合基幹業務)ソフト「SAP S/4HANA」を使って構築した。システム構築は日本IBMが支援した。グローバルでの業務統合に適したSAP用テンプレート「IBM Global Express」を活用した。

 IBM Global Expressでは、グローバルでの標準化を前提とした業務フロー機能を事前に定義しており、20カ国以上の組織構造、法定帳票、税法対応、商習慣などに対応している。日本語、英語、中国語の動画マニュアルも提供する。

 村田製作所は、セラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている総合電子部品メーカーである。製品の90%以上を海外で販売している。経理財務システムにおいて、グローバルで標準化したシステムを求めていた。

関連記事

Special

-PR-

村田製作所、グローバル経理財務システムをSAP S/4HANAで構築、日本IBMが構築支援SAPジャパンと日本IBMは2018年7月4日、村田製作所が、グローバル展開のための経営基盤を支える「グローバル経理財務システム」を構築したと発表した。第1弾として日本国内向けシステムを2018年5月15日に稼働させた。2021年をめどに、グローバル展開を完了する予定である。

PAGE TOP