[新製品・サービス]

拠点やクラウドを接続できる閉域網サービス、富士ゼロックスが提供

2018年7月4日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ゼロックスは2018年7月4日、オフィスとクラウドを統合した安全なネットワーク環境を構築するための、IP-VPN接続型の閉域網サービス「Smart Cyber Security(スマートサイバーセキュリティー)」を発表、同日提供を開始した。Smart Cyber Securityを仲介して、拠点間やクラウド(AWS、Azure)を接続できる。

 Smart Cyber Securityは、企業の拠点やクラウドサービスなどをIP-VPNで接続する閉域網サービスである。インターネットではなく閉域網を使うことで、セキュリティとネットワークの品質を担保する。AWS(Amazon Web Services)やAzureに対して、安全で安定したアクセスを実現できる。

 企業の拠点をSmart Cyber Securityに接続するサービスは、アクセス回線の品質に応じて2種類を用意した。

 「Smart Cyber Security 月額サービス [L3ベストエフォートアクセス(フレッツ別契 PPPoEタイプ)]」は、フレッツ回線を足回りに使うベストエフォート型のサービスである。価格(税別、以下同)は、回線あたり月額5400円。

 「Smart Cyber Security 月額サービス [L3ギャランティアクセス(東西イーサワイド)]1M ~100M」は、帯域保証型のアクセス回線を使うサービスである。本社など重要拠点のネットワークや、音声・映像などリアルタイム性が高い通信に向く。価格は、回線あたり月額8万円から。

 Smart Cyber SecurityとAWSを閉域網で直接接続するサービス「Smart Cyber Security 月額サービス [ダイレクトクラウド接続 for AWS(ギャランティ)] 50M ~500M」も用意している。価格は、月額21万5000円から。

関連記事

Special

-PR-

拠点やクラウドを接続できる閉域網サービス、富士ゼロックスが提供富士ゼロックスは2018年7月4日、オフィスとクラウドを統合した安全なネットワーク環境を構築するための、IP-VPN接続型の閉域網サービス「Smart Cyber Security(スマートサイバーセキュリティー)」を発表、同日提供を開始した。Smart Cyber Securityを仲介して、拠点間やクラウド(AWS、Azure)を接続できる。

PAGE TOP