[新製品・サービス]

日本IBM、Oracle DB環境向けに運用サービス込みでクラウドサービスを提供

2018年7月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2018年7月9日、Oracle Databaseを稼働させるための標準的な運用保守サービスをセットで提供するクラウドサービス「IBM Cloud for Oracle Solutions」を発表、同日提供を開始した。OS(AIX)とOracle Databaseが運用保守サービスの対象となる。オンプレミスで稼働しているOracle Databaseの移行先として活用できるとしている。価格は、個別見積もり。

 オンプレミス上で動作しているOracle Databaseをクラウドに移行する際に活用できる、運用保守サービス付きのクラウドサービスである。Oracle Databaseを稼働させるためのクラウドサービスを、標準的な運用保守サービスとセットで提供する。

 OS(AIX)だけを対象に運用保守サービスを提供するメニューと、OSに加えてOracle Databaseの運用保守サービスを提供するメニューを用意した。ユーザーがOracle Databseの運用要員を確保している場合は、OS(AIX)だけを対象に運用保守サービスを提供するメニューを選ぶことができる。

 米IBMは、2013年からIBM Cloud for Oracle Solutionsを海外で提供している。今回、同サービスも国内でも提供開始する。

関連記事

日本IBM、Oracle DB環境向けに運用サービス込みでクラウドサービスを提供日本IBMは2018年7月9日、Oracle Databaseを稼働させるための標準的な運用保守サービスをセットで提供するクラウドサービス「IBM Cloud for Oracle Solutions」を発表、同日提供を開始した。OS(AIX)とOracle Databaseが運用保守サービスの対象となる。オンプレミスで稼働しているOracle Databaseの移行先として活用できるとしている。価格は、個別見積もり。

PAGE TOP