[事例ニュース]

エネファーム製造工場がBIダッシュボード「MotionBoard」を導入、製造管理指標を見える化

2018年7月20日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ウイングアーク1stは2018年7月20日、パナソニックアプライアンスが、家庭用燃料電池「エネファーム」を製造している草津工場で、生産性や品質に関するデータを可視化するためにBIダッシュボード「MotionBoard」を導入したと発表した。

 MotionBoardを導入し、製造管理指標を見える化した。BIツールとして選んだMotionBoardのメリットとして、これまで紙の台帳で管理していた、生産実績や進ちょく状況、品質に関するデータをデジタル化するにあたり、データ入力が最も簡単なツールだったとしている。

図1●「MotionBoard」と動画を連携している(出所:ウイングアーク1st)図1●「MotionBoard」と動画を連携している(出所:ウイングアーク1st)
拡大画像表示

 MotionBoardの導入効果の1つとして、作業のナビゲーションとビデオカメラを連動させ、人の作業を可視化した。製品の品質に異常を発見した際に、どんな作業が行われたのかを分析し、真因を究明できる。作業者に無理な姿勢を強いている操作や、非効率な手順などを検証できる。

 今後は、職人技の汎用化に取り組む。職人の動きをセンシングしたデータをAI手法で分析して得た学習モデルを各プロセスや設備にフィードバックする。これにより、高度な作業を自動化する。ロボティクスを活用した官能作業の自動化にも着手した。

関連記事

Special

-PR-

エネファーム製造工場がBIダッシュボード「MotionBoard」を導入、製造管理指標を見える化ウイングアーク1stは2018年7月20日、パナソニックアプライアンスが、家庭用燃料電池「エネファーム」を製造している草津工場で、生産性や品質に関するデータを可視化するためにBIダッシュボード「MotionBoard」を導入したと発表した。

PAGE TOP