[事例ニュース]

ローソンがSAPのSCMクラウドを導入、食品の原材料廃棄を約56%削減

2018年8月7日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

コンビニエンスストア大手のローソンは、「ローソン型次世代コンビニエンスストア」の実現に向けた取り組みの一環として、クラウド型のSCM(サプライチェーン管理)ソフト「SAP Integrated Business Planning」を導入した。SCM全体としての食品原材料廃棄を約56%削減した。SAPジャパンが2018年8月7日に発表した。

 ローソンはこれまで、原材料の調達から販売にいたるまで、サプライチェーンの統合管理を進めてきた。原材料の調達については、社内に専門セクションを設けたり、100%子会社の機能子会社であるSCIを設立したりするなど、SCMの見える化や効率化に取り組んできた。

 こうした背景の下、機会ロスと廃棄ロスの双方を削減しつつ、在庫リスクを最小化して利益率を高めるため、SAP Integrated Business Planningを導入した。導入決定から稼働開始までに要した期間は8カ月で、2017年3月に一部の商品カテゴリで稼働を開始し、その後、徐々に適用範囲を拡大してきている。

 新たなサプライチェーンの仕組みにより、調達、製造、物流の各工程間にある目に見えないムダを排除し、効率化を進めた。これにより、サプライチェーン全体としての食品原材料廃棄は約56%低減した。

 SAP Integrated Business Planningは、事業戦略の実行計画、需要の検知と予測、在庫と供給の最適化、例外に基づくレスポンス管理を支援する、クラウドベースのサービスである。SAP HANAを基盤としており、サプライチェーンに関するリアルタイムな情報をベースに、事業計画をより迅速に策定、調整、実行できるとしている。

関連記事

Special

-PR-

ローソンがSAPのSCMクラウドを導入、食品の原材料廃棄を約56%削減コンビニエンスストア大手のローソンは、「ローソン型次世代コンビニエンスストア」の実現に向けた取り組みの一環として、クラウド型のSCM(サプライチェーン管理)ソフト「SAP Integrated Business Planning」を導入した。SCM全体としての食品原材料廃棄を約56%削減した。SAPジャパンが2018年8月7日に発表した。

PAGE TOP