バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[市場動向]

古くて新しいバックアップ製品の今を知る―万一に備えるための選択のポイントとは

2018年8月20日(月)田口 潤(IT Leaders編集部)

CIOやIT部門責任者にとって重要な割に関心が高くないITソリューションの1つに、アプリケーションやデータのバックアップ製品が挙げられるかもしれない。企業情報システムでは昔から必須だし、きちんとできていて当たり前。今、改めて関心や注意を払うようなものではないとも言える。しかし、そんな”定番的”な分野でも変化が起きている。

 バックアップ製品分野の変化を示すのが、米IDCが公開した「Data Protection and Recovery Software」分野における2017年下半期のベンダー別業績データである。売上高トップはVeritas(6億1053万ドル)、これにIBM(5億2490万ドル)、Dell(EMC製品、4億4734万ドル)と老舗の大手が続く。しかし、その次に2006年設立であまり耳慣れないヴィーム(Veeam Software、本社:スイス)が3億5326万ドルで位置するのだ(図1)。

図1:米IDCのストレージシェア調査(出典:米IDC)
拡大画像表示

 売上高以上に注目されるのが成長率で、Veeamは28.3%と非常に高い伸びを示している。定番的で安定しているバックアップ製品において、こんな変化が起きている背景には何があるのか。バックアップ製品の技術や機能のトレンドについて、Veeamの日本法人であるヴィーム・ソフトウェアに聞いてみた。結論を先に書くと①仮想化への対応②確実なリカバリー③利用できるストレージの多様性、といったポイントがあるという。

 なお、上記の米IDCのデータを教えてくれたのは、実のところVeeam。加えて、この記事に関してはVeeam以外のベンダーには取材していない。そうならないように配慮したつもりだが、Veeam寄りの視点になっている可能性がある点をご了承頂きたい。仮にそうであっても、バックアップ製品=Data Protection and Recovery Softwareの状況を理解する一助にしていただけると考えている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

Veeam / バックアップ / ストレージ

関連記事

Special

-PR-

古くて新しいバックアップ製品の今を知る―万一に備えるための選択のポイントとはCIOやIT部門責任者にとって重要な割に関心が高くないITソリューションの1つに、アプリケーションやデータのバックアップ製品が挙げられるかもしれない。企業情報システムでは昔から必須だし、きちんとできていて当たり前。今、改めて関心や注意を払うようなものではないとも言える。しかし、そんな”定番的”な分野でも変化が起きている。

PAGE TOP