[新製品・サービス]

IoTセンサー情報を見える化するキット、TEDが9万9800円で販売、数分で導入

2018年8月29日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東京エレクトロン デバイス(TED)は2018年8月28日、IoTセンサー情報を見える化するシステムを、数分で簡単に構築できるキット「Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOM」を発表、同日販売を開始した。センサー、IoTゲートウェイ、クラウドサービス(Azure)で構成するIoTシステム一式を提供する。価格(税別)は、9万9800円。SORACOMの利用料(データ通信費用)は別途必要。

 Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOMは、IoTセンサー情報の見える化を数分で実現できるキットである。マルチセンサータグ(1個)、IoTゲートウェイ(1台)、SORACOMのセルラー通信(SIM)、クラウドサービス(AzureのIoT HubとTime Series Insights)の利用料、をパッケージ化している。

図1:Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOMの概要(出典:東京エレクトロン デバイス)図1:Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOMの概要(出典:東京エレクトロン デバイス)
拡大画像表示

 センサーが収集したデータは、IoTゲートウェイを介してクラウド(Azure)に送信する。ユーザーは、IoTゲートウェイ(Android)用にTEDが開発した専用アプリケーション「TED Azure IoT with SORACOM」を使って、送信情報の選別や、送信間隔の調整、レポートの作成、などができる。

 TED Azure IoT with SORACOMを使うと、IoTアプリケーションの開発の経験がないユーザーでも、IoTシステムの一連のプロセス(センサー情報の収集、Azureへの送信、データの蓄積、可視化)をノンプログラミングで実現できるという。さらに、レポート形式を選択すれば、温度・湿度・気圧などのセンサー情報を簡単にレポート表示したり分析したりできる。

図2:TED Azure IoT with SORACOMのGUI画面(出典:東京エレクトロン デバイス)図2:TED Azure IoT with SORACOMのGUI画面(出典:東京エレクトロン デバイス)
拡大画像表示

 IoTゲートウェイはAndroid端末だが、ディスプレイやタッチパネルを備えないため、パソコンからTED Azure IoT with SORACOMのGUI画面を操作する形になる。IoTゲートウェイとパソコンをUSBケーブルで接続し、Chromeブラウザ上で動作するAndroid端末の画面共有ソフト「Vysor」を使って操作できる。こうした使い方は、構築手順書に詳しく書いてある。

関連記事

Special

-PR-

IoTセンサー情報を見える化するキット、TEDが9万9800円で販売、数分で導入東京エレクトロン デバイス(TED)は2018年8月28日、IoTセンサー情報を見える化するシステムを、数分で簡単に構築できるキット「Azure IoT ノンプログラミングキット with SORACOM」を発表、同日販売を開始した。センサー、IoTゲートウェイ、クラウドサービス(Azure)で構成するIoTシステム一式を提供する。価格(税別)は、9万9800円。SORACOMの利用料(データ通信費用)は別途必要。

PAGE TOP