[事例ニュース]

東京都新宿区が全庁プライベートクラウド基盤を刷新、顔認証やSDNを採用

2018年9月18日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東京都新宿区は、全庁プライベートクラウド基盤を刷新し、2018年4月から稼働させた。新たに導入したクラウド基盤「NEC Cloud System」の提供元であるNECが2018年9月18日に発表した。今回の刷新により、セキュリティを強化したほか、SDNの採用によって新サービスを素早く実現できるようにした。

 新宿区はこれまでも、大規模な全庁プライベートクラウド基盤を導入してきた。狙いは、情報セキュリティレベルの均質化や、ITコストの削減である。今回、プライベートクラウド基盤を刷新した。刷新の狙いは、顔認証などによるセキュリティの強化と、SDNによるネットワーク運用の柔軟性の確保である。

図1:東京都新宿区が今回刷新した全庁プライベートクラウド基盤の概要(出典:NEC)図1:東京都新宿区が今回刷新した全庁プライベートクラウド基盤の概要(出典:NEC)
拡大画像表示

 刷新した新クラウド基盤の特徴の1つは、日々の職員の業務のやり方を変えることなくセキュリティ対策を強化したことである。具体的には、顔認証、ファイルの自動暗号化、トレンドマイクロ製品による多層防御、SDNを用いた自動防御などを導入した。

 セキュリティ機能群によって、サイバー攻撃を検知した場合でも、攻撃内容を簡単に把握し、被害の有無を簡単に確認できる、としている。さらに、マルウェアに感染した仮想デスクトップとの通信を自動で遮断する機能を提供する。これにより、サイバー攻撃に対する一次対処を迅速化し、被害を局所化できる。セキュリティに関する日々の運用は、NECが24時間365日の監視を行う。

 新クラウド基盤の特徴の1つは、SDNを導入したことである。SDNによってサーバーの再配置やリソースの再配分が簡単にできるため、新しい行政サービスを早期に立ち上げやすくなった。「災害時の事業継続性を確保するためにバックアップサイトとしてパブリッククラウドを利用する」といったマルチクラウド運用も可能。

関連記事

Special

-PR-

東京都新宿区が全庁プライベートクラウド基盤を刷新、顔認証やSDNを採用東京都新宿区は、全庁プライベートクラウド基盤を刷新し、2018年4月から稼働させた。新たに導入したクラウド基盤「NEC Cloud System」の提供元であるNECが2018年9月18日に発表した。今回の刷新により、セキュリティを強化したほか、SDNの採用によって新サービスを素早く実現できるようにした。

PAGE TOP