[新製品・サービス]

RPAシナリオ作成力を高めるブートキャンプ、WinActor向けにBlueshipが提供

2018年9月19日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Blueshipは2018年9月19日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」を利用するユーザーに向けて、RPAに関する技術力の向上を支援するサービス「RPAブートキャンプ」を発表した。2018年10月1日から提供する。

 RPAブートキャンプでは、RPAで効率化する業務を整理する方法、シナリオを作成するために必要な論理的思考、ライブラリ群の活用方法など、シナリオの作成に必要なコツを指導する。参加者は、シナリオの作成における素養を習得できる。

図1:RPAブートキャンプのロゴ(出典:Blueship)図1:RPAブートキャンプのロゴ(出典:Blueship)
拡大画像表示

 各回で反復練習のための宿題を提示し、学んだことを反芻できる機会を設けるなど、体に染み込ませるカリキュラムとした。

 「これから本格的に導入する」、「一度研修を受けたが自分一人でシナリオを作成する自信がない」、「もっと効率的に動作するシナリオを作りたい」、など、各種の需要に応える。

 開催スタイルの違いに応じて、全5回(座学1回、反復練習4回)で実施する「RPAブートキャンプ」と、沖縄の研修所で1泊2日で集中的に実施する「RPAブートキャンプin沖縄」の2種類を用意した。

RPAブートキャンプ/RPAブートキャンプin沖縄の概要
RPAブートキャンプ
提供内容 「WinActor」シナリオ作成技術習得のための個別指導及びユーザーによる反復練習のためのコンテンツ
講座実施回数 全5回
(座学1回、反復練習4回)
対象 「WinActor」導入検討中、および利用ユーザー
(PoC、本格導入不問)
価格
(8%消費税込み)
1人あたり40万円
提供開始日 2018年10月1日
(申し込みは2018年9月19日から)
RPAブートキャンプin沖縄
提供内容 「WinActor」シナリオ作成技術習得のための個別指導及びユーザーによる反復練習のためのコンテンツ
講座実施回数 沖縄の研修所にて1泊2日で集中的に実施
(研修時間は16時間程度)
対象 「WinActor」導入検討中、および利用ユーザー
(PoC、本格導入不問)
価格
(8%消費税込み)
1人あたり30万円
(旅費交通費別)
提供開始日 2018年10月1日
(申し込みは2018年9月19日から)
関連記事

Special

-PR-

RPAシナリオ作成力を高めるブートキャンプ、WinActor向けにBlueshipが提供Blueshipは2018年9月19日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」を利用するユーザーに向けて、RPAに関する技術力の向上を支援するサービス「RPAブートキャンプ」を発表した。2018年10月1日から提供する。

PAGE TOP