[新製品・サービス]

オフィスでIoTセンサーを活用するソフト、アステリアがセンサー込みで提供

2018年10月2日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アステリアは2018年10月2日、IoTセンサーのデータをローカル拠点で処理するエッジコンピューティング用ミドルウェア「Gravio」(グラヴィオ)の新版を発表、同日提供を開始した。無償貸出のIoTセンサー機器と合わせて月額制で提供する。IoTセンサーは中国のLumi United Technology製品を使う。

 Gravioは、オフィスにおいて温度センサーや人感センサーといった各種IoTセンサーを活用できるようにするミドルウェアである。ローカル拠点に設置したパソコンにGravioをインストールして、IoTセンサーとともに運用する。

図1:Gravioの概要(出典:アステリア)図1:Gravioの概要(出典:アステリア)
拡大画像表示

 Gravioをインストールしたパソコンは、IoTデータをローカルで処理するエッジコンピュータになる。必要に応じて別途、外部のクラウドサービスなどと組み合わせて使う。

 Gravioの主な特徴は、GUI画面の設定だけで、ノンプログラミングでIoTデータを加工したり連携させたりできることである。

図2:画面1:ノンプログラミングでIoTデータの加工・連携を設計できる(出典:アステリア)図2:画面1:ノンプログラミングでIoTデータの加工・連携を設計できる(出典:アステリア)
拡大画像表示

 今回の新版では、機械学習を用いた画像認識センサー機能をソフトウェアセンサーとして搭載した。カメラに写っている人数を計測するなど、各種の用途に利用できる。

 他システムとの連携機能も強化した。外部システムと接続するためのMQTTプロトコルも使えるようにした。稼働OSも増やし、Windows 10だけでなくLinuxやMac OSでも動作するようにした。

 新版では、認証済みのIoTセンサーも無償で貸し出す。IoTセンサーの選定や購入に関する手間を解消し、迅速に利用を開始できる。

写真1:Gravio有償プランを契約すると無償で利用できるIoTセンサー群の例(出典:アステリア)写真1:Gravio有償プランを契約すると無償で利用できるIoTセンサー群の例(出典:アステリア)
拡大画像表示

 プランとして、「Gravio Free」(無償)、「Gravio Basic」(月額500円)、「Gravio Standard」(月額2万円)、の3種類を用意した。有償プランではIoTセンサーを無償で利用できる(Gravio Basicは4個、Gravio Standardは10個)。ライセンス認証サーバーはクラウドで提供する。

関連記事

Special

-PR-

オフィスでIoTセンサーを活用するソフト、アステリアがセンサー込みで提供アステリアは2018年10月2日、IoTセンサーのデータをローカル拠点で処理するエッジコンピューティング用ミドルウェア「Gravio」(グラヴィオ)の新版を発表、同日提供を開始した。無償貸出のIoTセンサー機器と合わせて月額制で提供する。IoTセンサーは中国のLumi United Technology製品を使う。

PAGE TOP