[新製品・サービス]

CTC、VMware Cloud on AWSの取り扱いを開始、AWS上のVMware環境をマネージド型で提供

2018年10月22日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年10月22日、米VMwareのパートナ企業が販売するIaaS型クラウドサービス「VMware Cloud on AWS」の取り扱いを同日付けで開始したと発表した。米VMwareとの間でマネージドサービスプロバイダ契約を国内で初めて締結したとしている。販売目標は、VMwareを活用して大規模なオンプレミス環境を運用する企業を中心に、3年間で30億円。

 VMware Cloud on AWSは、米VMwareのパートナ企業が販売する、IaaS型のクラウドサービスである。AWS(Amazon Web Services)のデータセンターに用意したベアメタルサーバー上でVMwareの仮想化ソフト群を動作させ、これをマネージド型(運用サービス付き)のクラウドサービスとしてVMwareが販売するものである。AWSの米国、欧州、アジア(シドニー)などのリージョンで提供している。

 VMwareの仮想化ソフト群を使ってオンプレミス環境やプライベートクラウド環境を構築しているユーザーは、AWSのデータセンターもオンプレミス環境と同様のIaaS型クラウドサービスとして利用できるようになる。業務サーバーをIaaSに移行したり、クラウドを使ってDR(災害時復旧)対策を施したりできる。

 CTCはSIベンダーとして、米VMware製品を使ったシステム構築・運用やクラウドサービスの提供について多くの実績がある。VMwareのパートナとしては、「VMwareソリューションプロバイダ」および「VMwareクラウドプロバイダ」の両パートナプログラムで最上位のプレミアレベルのパートナとなっている。2012年には、AWSの環境構築・運用サポートサービス「CUVIC on AWS」も開始し、2017年にはAWSのパートナプログラム「AWS パートナーネットワーク」でも最上位の「AWS プレミアコンサルティングパートナー」の認定を取っている。

関連記事

Special

-PR-

CTC、VMware Cloud on AWSの取り扱いを開始、AWS上のVMware環境をマネージド型で提供伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2018年10月22日、米VMwareのパートナ企業が販売するIaaS型クラウドサービス「VMware Cloud on AWS」の取り扱いを同日付けで開始したと発表した。米VMwareとの間でマネージドサービスプロバイダ契約を国内で初めて締結したとしている。販売目標は、VMwareを活用して大規模なオンプレミス環境を運用する企業を中心に、3年間で30億円。

PAGE TOP