[新製品・サービス]

リコー、NECの顔認証をプリンタの認証手段に、連携システムを提供

2018年10月22日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

リコーは2018年10月22日、複合機やプリンタを使う際に個人を認証するソフト「リコー 個人認証システム AE2」を強化し、これまでのICカードや手入力に加えて顔認証で個人を認証できるようにしたと発表した。NECの顔認証管理システムと連携することによって実現する。連携システムは2018年11月9日から提供する。

 複合機やレーザープリンタを使う際の個人認証手段として、これまでのICカードや手入力に加えて顔認証で個人を認証できるようにした。NECの顔認証サーバーと連携して動作する。顔認証サーバーとひも付けたネットワークカメラを複合機やプリンタの近くに設置して利用する。

図1:顔認証システムと連携した「リコー 個人認証システム AE2」の構成図(出典:リコー)図1:顔認証システムと連携した「リコー 個人認証システム AE2」の構成図(出典:リコー)
拡大画像表示

 リコーでは、顔認証のメリットを、普段から露出して相手を判別している情報であるため、利用者の心理的な負担が少なく、生体認証の中では受け入れられやすい、としている。また、ICカードとの比較では、工場などでICカードが機械に巻き込まれそうな場面や、衛生上ICカードが使えない場面などにも適する。

関連記事

リコー、NECの顔認証をプリンタの認証手段に、連携システムを提供リコーは2018年10月22日、複合機やプリンタを使う際に個人を認証するソフト「リコー 個人認証システム AE2」を強化し、これまでのICカードや手入力に加えて顔認証で個人を認証できるようにしたと発表した。NECの顔認証管理システムと連携することによって実現する。連携システムは2018年11月9日から提供する。

PAGE TOP