[新製品・サービス]

「IoT PoCキット」と「現場向けIoT導入支援サービス」を販売、日立システムズフィールドサービス

2018年10月25日(木)IT Leaders編集部

日立システムズフィールドサービスは2018年10月24日、日立グループ内外でのIoT導入支援の実績を基に、IoTのPoCを検討している企業向けに「IoT PoCキット」を販売開始した。

 あわせて、工場などの現場においてIoTを導入する際の無線ネットワークの設計・構築や、各種センサーやゲートウェイの設置を一貫して支援する「現場向けIoT導入支援サービス」を販売開始する。2018年10月24日に関東地区、その他の地域は2019年1月から販売開始する。

 IoT PoCキットは、IoT導入時に重要となる収集対象データの選定や投資対効果の確認などの試行検証を手軽に行えるように、データ収集に必要なセンサーとIoTゲートウェイ、クラウド環境をセットにし提供するものである。

 IoTセンサーから得られるデータを蓄積するクラウド環境の利用料や操作研修の費用が含まれているため、導入企業側で簡単かつ短時間にIoT環境を構築でき、PoCを開始できる。データはキャリア(通信事業者)ネットワーク経由でクラウドに転送する。

 IoT PoCキットには、マルチセンサータグで情報を収集し、温度/湿度/光/圧力/加速度/傾き/磁気/音の測定が可能な「IoT PoCキット1」と、太陽電池駆動の温度/湿度センサーが5つ付いていて複数箇所のデータ測定が可能な「IoT PoCキット2」がある。「Azure IoTノンプログラミングキット」は、PoCキット1と同じセンサーを利用し、IoTゲートウェイにAndroid OSを使用する。

 現場向けIoT導入支援サービスは、組み立て関連の製造業向けを中心に、製造設備などを対象としたIoTセンサーやIoTゲートウェイの設置箇所調査や設置工事、さらには無線アクセスポイントの電波調査や無線環境の設計・施工などを日立システムズフィールドサービスのエンジニアが代行するサービスである。

 IoT環境を構築する際に必要となるセンサーの取り付け作業の代行に加え、無線アクセスポイントの導入設計から設置工事、電気工事に至るまで、現場のニーズに合わせたサービスを提供し、安定したデータ収集環境を構築して、IoTの利活用を通じた生産性向上などを支援する。

 価格(税別)は、IoT PoCキット1、IoT PoCキット2、Azure IoTノンプログラミングキット(SORACOMの利用料は別途)が、それぞれ9万9800円。現場向けIoT導入支援サービスは、個別見積り。

関連記事

「IoT PoCキット」と「現場向けIoT導入支援サービス」を販売、日立システムズフィールドサービス日立システムズフィールドサービスは2018年10月24日、日立グループ内外でのIoT導入支援の実績を基に、IoTのPoCを検討している企業向けに「IoT PoCキット」を販売開始した。

PAGE TOP