[調査・レポート]

国内RPA市場は2022年に400億円、年平均62.8%で成長、ITR調べ

2018年10月25日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイ・ティ・アールは2018年10月25日、国内のRPA(ロボットによる業務自動化)市場の規模に関する予測を発表した。2022年度には400億円市場となり、2017~2022年度の年平均成長率(CAGR)は62.8%を予測している。

 2017年度のRPA市場は、売上金額が35億円で、前年度比で約4.4倍の急速な伸びを示した。2018年度も引き続き、前年度比で2.5倍の高い伸びを予測する。2022年度には400億円市場となり、2017~2022年度の年平均成長率は62.8%になる。RPAの導入単価が下がってきている一方で、市場参入ベンダーが拡大している。

図1:RPAおよびOCR市場規模推移および予測(出典:アイ・ティ・アール)図1:RPAおよびOCR市場規模推移および予測(出典:アイ・ティ・アール)
拡大画像表示

 アイ・ティ・アールによると、2017年度は、それまで金融・保険業など一部の業種で先行していたRPAツール導入の動きが、他業種へも広がった年である。RPAツールを取り扱うSIベンダーが増加し販路が拡大したことも 、成長を後押しする要因となった。2018年度は試行段階にある企業での本格稼働が進み、2020年度まで高い成長率が続くとしている。

 この一方で、製品ベンダー間の競争も激化しており、製品単価の低下や、一部の先進ユーザー企業における製品の切り替えなどの動きも始まっているという。今後は、大規模稼働に対応したロボットの管理・ガバナンス機能を持つ製品の需要が高まるとしている。

 今回の発表は、アイ・ティ・アールが発行する市場調査レポート『ITR Market View:RPA/OCR/BPM市場2018』に詳細を掲載している。RPA、OCR、BPM、BRMS、ワークフロー市場の全5分野を対象に、国内48ベンダーへの調査に基付いた2016~2017年度売上げ実績と2022年度までの売上げ予測を掲載している。

関連記事

Special

-PR-

国内RPA市場は2022年に400億円、年平均62.8%で成長、ITR調べアイ・ティ・アールは2018年10月25日、国内のRPA(ロボットによる業務自動化)市場の規模に関する予測を発表した。2022年度には400億円市場となり、2017~2022年度の年平均成長率(CAGR)は62.8%を予測している。

PAGE TOP