[新製品・サービス]

ミツフジと日本情報通信、ウェアラブルIoTで現場担当者を見守るクラウドサービスを提供

2018年11月19日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ミツフジと日本情報通信は2018年11月19日、ウェアラブルIoTデバイスを用いて生体情報を収集・管理することによって、業務担当者の安全を管理して見守るサービス「hamon Cloud サービス」を同日付けで販売開始した。

 hamon Cloud サービスは、過酷な作業現場で働く業務担当者をIoTで見守るクラウドサービスである。業務担当者の生体データ(心拍など)や環境データ(湿度や温度)を分析し、建築現場や工場内で働く業務担当者の体調やストレス、疲れを検知する。位置情報もデータとして収集できる。

図1:hamon Cloud サービスの概要(出典:ミツフジ、日本情報通信)図1:hamon Cloud サービスの概要(出典:ミツフジ、日本情報通信)
拡大画像表示

 今回のクラウドサービスは、ミツフジの既存サービスで、ウェアラブルIoTデバイスを利用して生体情報を管理する「hamon」と、日本IBMが提供している産業用IoTサービス「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせ、日本情報通信が開発した。このサービスを、ミツフジと、ミツフジの販売代理店である日本情報通信が販売する。

 今後、ミツフジと日本情報通信は、ビックデータ分析のノウハウを生かし、蓄積される膨大な生体情報を、機械学習などのAIで分析する。これにより、業務担当者の体調を予測して即座にその日の最適な要員配置計画を立案できるようになる。また、別のサービスとして、遠隔地医療や救急医療と生体情報を連携させ、介護や福祉に関する見守りサポートを行うことも考えている。

関連記事

Special

-PR-

ミツフジと日本情報通信、ウェアラブルIoTで現場担当者を見守るクラウドサービスを提供ミツフジと日本情報通信は2018年11月19日、ウェアラブルIoTデバイスを用いて生体情報を収集・管理することによって、業務担当者の安全を管理して見守るサービス「hamon Cloud サービス」を同日付けで販売開始した。

PAGE TOP