[事例ニュース]

大丸札幌店、混雑状況をAIが解析して一覧表示するサービスを開始

2018年11月30日(金)IT Leaders編集部

NTT東日本とバカンは2018年11月29日、大丸松坂屋百貨店の札幌店で、館内Wi-Fi、IoTおよびAIを活用し、各施設(地下1階~8階)の利用状況をサイネージやスマートフォンへ一覧表示するサービスの提供を、2018年12月1日に開始すると発表した。混雑状況をAIが解析してリアルタイムに一覧表示し、館内施設のスムーズな周遊を可能にする。

 大丸札幌店では、平日をはじめ週末や長期休暇シーズンは、各階カフェ・レストラン街や館内施設の待ち時間が長くなる。こうした混雑状況は、実際に足を運ばなければ把握できない。

 今回、大丸札幌店のレストラン、各階カフェ、トイレ、授乳室などの混雑状況を、IoTとAIの活用によりリアルタイムで解析してサイネージに配信するシステムを構築した(写真1)。これにより、館内施設を周遊する顧客の負担を軽減できる。

図1:サイネージ表示画面とスマートフォン表示画面のイメージ(出典:NTT東日本、バカン)図1:サイネージ表示画面とスマートフォン表示画面のイメージ(出典:NTT東日本、バカン)
拡大画像表示

 大丸札幌店内の各施設に設置したカメラやセンサーから取得したデータをクラウド上のAIで解析し、混雑情報を割り出す。各施設の混雑情報は館内各フロアのサイネージにリアルタイムで一覧表示するとともに、Web上にも配信する。顧客が所有するスマートフォンからも確認できる。

 NTT東日本は、「フレッツ光」と「ギガらくWi-Fi」を提供するほか、IoTデータを蓄積するクラウド基盤を提供する。バカンは、カメラやセンサーなどのIoT機器を提供するほか、クラウド上に搭載したAIを活用し、飲食店の混雑状況を検索できる空席情報基盤「VACAN」やトイレの混雑状況を検索できる空席情報検索基盤「THRONE」を提供する。

 両社は今後、同施設における導入効果を基に、混雑把握技術の向上や新しい商業施設向けソリューションの開発に向けた協業を加速する。

関連記事

大丸札幌店、混雑状況をAIが解析して一覧表示するサービスを開始NTT東日本とバカンは2018年11月29日、大丸松坂屋百貨店の札幌店で、館内Wi-Fi、IoTおよびAIを活用し、各施設(地下1階~8階)の利用状況をサイネージやスマートフォンへ一覧表示するサービスの提供を、2018年12月1日に開始すると発表した。混雑状況をAIが解析してリアルタイムに一覧表示し、館内施設のスムーズな周遊を可能にする。

PAGE TOP