[新製品・サービス]

RPAでERPの入力業務を自動化するクラウドサービス―SAP、RPAテクノロジーズ、IPS

ERP未導入の中堅中小企業向けに提供

2018年12月11日(火)IT Leaders編集部

SAPジャパン、RPAテクノロジーズ、アイ・ピー・エス(IPS)の3社は2018年12月10日、「SAP S/4HANA Cloud」でデータの入力業務を自動化するソリューションを発表した。SAP S/4HANA CloudとRPAテクノロジーズの「BizRobo!」を接続したクラウドソリューション「EasyOne Cloud」としてIPSが中堅中小企業向けに販売する。初期導入コストは980万円から、1ライセンス月額3万円からとなっている。

 企業がERPを導入する際、まず初期データの入力に多大な人手と時間が必要で、運用開始後も、継続的にERP内の情報の鮮度や精度、粒度を保っていく作業が求められる。特に中堅中小企業の場合、データ入力作業を行う要員の継続的な確保が困難で、それがERPの大きな導入障壁となっている。加えて、人手による入力作業ミスの問題も立ちはだかる。

 そこでSAPジャパン、RPAテクノロジーズ、アイ・ピー・エス(IPS)の3社は、RPAでERPのデータ入力作業を自動化するソリューションで協業した。通常、RPAツールをERPに接続する際には、専用の接続用インタフェースを開発する必要があり、SAPのプラチナパートナーであるIPSが、「SAP S/4HANA Cloud」とRPAテクノロジーズのRPAツール「BizRobo!」の接続インタフェースを開発し、「EasyOne Cloud」ソリューションとして組み上げた。

 対象ユーザーは、年商250億円以下の中堅中小企業。SAPジャパンがERPの新規導入先として狙っている層で、SAPとしては、この層にERPのデータ入力作業を自動化するソリューションを届けることで、SAP S/4HANA Cloudの販売促進につなげたい意図がある。

 EasyOne Cloudは、プロセスに大きな改修を加えずに導入することで開発期間、コストを抑えるうえ、RPAにより入力処理などを請け負う人材の業務を補う。特に中堅以下の企業でいち早く始まると言われる人材不足に、業務プロセスを自動化・効率化するERPと、入力処理を自動化・効率化するRPAの組み合わせで対応しようという提案だ。RPAをセットで入れることで、業務プロセスの変化に伴うERPの改修をRPAで吸収することが可能になり、改修コストの発生を抑えることも可能になる。

写真1:SAPジャパン ゼネラルビジネス統括本部 第二営業本部 第一営業部 部長の綱島朝子氏

 初期導入コストが980万円から、1ライセンスあたりの月額3万円からが参考価格としており、オンプレミスのSAP ERPと比較すると、開発コストも含め大幅に抑えた料金設定となっている。SAPジャパン ゼネラルビジネス統括本部 第二営業本部 第一営業部 部長の綱島朝子氏(写真1)によると、「年商250億円以下とされているターゲットのボリュームゾーンは年商100億円前後の企業」だという。

 このゾーンの企業の場合、商談相手は多くが経営層となるが、「1000万円前後のIT投資を高いという経営層はほとんどいない」と綱島氏。というのも、「人材採用が厳しさを増しており、人材が獲得できなかった分をIT投資に回すという考え方が顕著に見られるようになった」ためで、投資意欲は十分あるとみている。

 SAPジャパンとしては、これまで「高い」というイメージが先行してERPの導入が遅れていたSMB市場に対して、RPAツールとクラウドサービスの2大ポイントで新規獲得を目指す。一方で、他社の財務会計システムや手組みのシステム、ERPの旧バージョンを利用するユーザーに対しては、「デジタルビジネスへの対応」「2025年のSAP R/3サポート切れ」という2大課題で訴求する。

関連キーワード

SAP / RPAテクノロジーズ / IPS / ERP / 中堅・中小企業

関連記事

RPAでERPの入力業務を自動化するクラウドサービス―SAP、RPAテクノロジーズ、IPSSAPジャパン、RPAテクノロジーズ、アイ・ピー・エス(IPS)の3社は2018年12月10日、「SAP S/4HANA Cloud」でデータの入力業務を自動化するソリューションを発表した。SAP S/4HANA CloudとRPAテクノロジーズの「BizRobo!」を接続したクラウドソリューション「EasyOne Cloud」としてIPSが中堅中小企業向けに販売する。初期導入コストは980万円から、1ライセンス月額3万円からとなっている。

PAGE TOP