[新製品・サービス]

日立Sol、商社・卸向け基幹業務パッケージに新版、注文書から必要な項目をAIで自動抽出

2018年12月20日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日立ソリューションズは2018年12月20日、商社・卸のための基幹業務に必要な機能を標準化したパッケージソフト「FutureStage(フューチャーステージ) 商社・卸向け販売管理システム」の新版を発表した。2018年12月21日から提供する。新版では、システム入力業務の効率を高める機能を追加したほか、食品業界特有の商習慣を反映したテンプレートを追加した。価格は個別見積もり。

 FutureStage 商社・卸向け販売管理システムは、商社・卸のための基幹業務に必要な機能を標準化したパッケージソフトである。販売管理、財務会計、管理会計の標準的な機能を持つ共通テンプレートと、より専門的な業態に対応するための機能を持つ多数の業種別テンプレートを用意している(図1)。これにより、特有の商習慣や業務特性を生かしたシステムを最小限のカスタマイズで構築できる。

図1:「FutureStage 商社・卸向け販売管理システム」の共通・業種別パッケージ(出典:日立ソリューションズ)図1:「FutureStage 商社・卸向け販売管理システム」の共通・業種別パッケージ(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 各業種に特化したテンプレートを用いた業種向けのパッケージを提供している。これまで6業種(住宅設備・資材、紙、燃料、化学品、非鉄金属など)、100社以上に導入している。今回の新版では、食品業界特有の商習慣を反映したテンプレートを活用した「食品素材卸向け販売管理ソリューション」を新たに追加した。

 新たにラインアップに加わった「食品素材卸向け販売管理ソリューション」では、商品の製造日や賞味期限、納期をきめ細かく把握でき、適切に商品を供給できるとしている。また、ケースやボールなど各荷姿での取引総量を把握して、見込み注文によって必要な在庫を安定的に確保できるとしている。

 新版ではさらに、スキャナなどを用いて電子化した書類から必要な情報をAIで自動抽出するソフトウェア基盤「活文 Intelligent Data Extractor」と連携する機能を追加した(図2)。これにより、フォーマットが異なる注文書などのデータをAIで自動抽出し、一致するデータ項目欄に取り込めるようになった。手入力によるミスの防止と、定型的な入力作業の効率化を実現する。

図2:フォーマットが異なる注文書などのデータをAIで自動抽出し、一致するデータ項目欄に取り込めるようにした(出典:日立ソリューションズ)図2:フォーマットが異なる注文書などのデータをAIで自動抽出し、一致するデータ項目欄に取り込めるようにした(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

 新版ではまた、現金や振込など多様な支払方法に対応した債権債務機能や、手続きを省力化するワークフロー機能も提供する。

関連記事

日立Sol、商社・卸向け基幹業務パッケージに新版、注文書から必要な項目をAIで自動抽出日立ソリューションズは2018年12月20日、商社・卸のための基幹業務に必要な機能を標準化したパッケージソフト「FutureStage(フューチャーステージ) 商社・卸向け販売管理システム」の新版を発表した。2018年12月21日から提供する。新版では、システム入力業務の効率を高める機能を追加したほか、食品業界特有の商習慣を反映したテンプレートを追加した。価格は個別見積もり。

PAGE TOP