[事例ニュース]

Tポイント・ジャパン、クラウド型BIサービス 「GoodData」を導入

2019年1月10日(木)IT Leaders編集部

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開するTポイントプログラムの運営会社であるTポイント・ジャパンが、サムライズが提供するクラウド型BIサービス「GoodData」を導入した。サムライズが2019年1月9日に発表した。

 GoodDataは、膨大なデータを分析・可視化するために必要な機能をクラウドで提供する、米GoodData製のBIツールである(画面1)。

画面1:GoodDataの画面(出典:サムライズ)画面1:GoodDataの画面(出典:サムライズ)
拡大画像表示

 採用のポイントとしてTポイント・ジャパンは、「データの取り込みからクレンジング(加工)、分析、配布までを自動化できること」、「1万件以上の加盟店から集まる日次データを閲覧者・閲覧条件ごとに集計できること」、「約2万件のTポイント提携店などが自由に閲覧でき、管理が容易なこと」、「加盟店単位までデータへのアクセス権を自動的に制御できること」を挙げている。

 セキュリティ規格の「SSAE16SOC2タイプII」と「ISO27001」に準拠し、Tポイント・ジャパンのセキュリティ基準を満たせることも評価した。コストパフォーマンスが良く、導入コストを抑えられることも評価した。

 Tポイント・ジャパンでは、今回の導入によって、日次でのデータ更新が可能になった。このため、従来に比べて、より細かな運営分析に基づいたTポイントレポートを配付できるようになった。Tポイント提携店へのサービスの向上が期待できる、としている。

関連キーワード

カルチュア・コンビニエンス・クラブ / クラウドBI / GoodData / サムライズ / アナリティクス

関連記事

Special

-PR-

Tポイント・ジャパン、クラウド型BIサービス 「GoodData」を導入カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が展開するTポイントプログラムの運営会社であるTポイント・ジャパンが、サムライズが提供するクラウド型BIサービス「GoodData」を導入した。サムライズが2019年1月9日に発表した。

PAGE TOP