[新製品・サービス]

富士ゼロックスがクラウド型AI-OCRを強化、読み取り結果の確信度に応じて有人確認の有無を制御

2019年1月28日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ゼロックスは2019年1月28日、カラー複合機の関連サービスで、手書き帳票を含む帳票からのデータ入力を自動化するサービス「Smart Data Entry」を強化すると発表した。OCR(光学文字読み取り)による文字認識結果の確からしさを判定し、判定結果に応じて人による確認の要否を制御する機能を追加した。2019年1月31日から提供する。

 Smart Data Entryは、手書き帳票からのデータ入力をAIを用いて支援するクラウドサービスである。クラウド上でAI-OCRを動作させ、複合機から入力した手書き帳票をテキスト化する。手書き帳票の受付からテキスト化処理、人による確認と訂正からデータ出力まで、手書き帳票の一連の処理を支援する。電子化した紙文書を一元管理するソフト「DocuWorks」と組み合わせて動作する。

 従来、データ入力作業において高い精度を実現するためには、人間による確認が必ず必要だった。今回の機能強化では、AIと人間が協働することによって、確認作業を効率化した。具体的には、OCR処理後の認識結果に対して、認識結果に対する確からしさを情報として付与するようにした。さらに、確からしさを高中低の3種類に分類し、人による確認作業の要否を制御するようにした(図1)。

図1:AI-OCRの読み取り結果の確からしさを判定し、確からしさに応じて人による確認作業の有無を制御する(出典:富士ゼロックス)図1:AI-OCRの読み取り結果の確からしさを判定し、確からしさに応じて人による確認作業の有無を制御する(出典:富士ゼロックス)

 確からしさのレベルに応じて、「(確からしさが十分に高いので)入力作業が不要」、「1人の入力作業が必要」、「OCR結果に関係なく2人の入力作業が必要」、などを、AIが判定して警告する仕組み。これにより、確認が必要なものに限って人が作業に携わる状況を作れるため、全体の作業工数を削減できる。

 確からしさの指標は、読み取りの精度とは別に、手書き文字の入力画像と認識結果との類似度の関係を、人間の視覚の仕組みを取り入れた独自の文字認識技術を用いてルール化したものである。

 サービスの価格(税別)は、基本サービスが月額4万9000円(2ユーザー、1カ月あたり500ページまで)。500ページ超過分は従量課金となり、処理量に応じて1ページあたり60円~40円。オプションによってユーザー数を20ユーザーまで増やせる。同サービスに必要なDocuWorksのライセンスは付属しない。また、業務に応じた帳票を作成できる帳票設計用ツールを提供する。

関連キーワード

OCR

関連記事

Special

-PR-

富士ゼロックスがクラウド型AI-OCRを強化、読み取り結果の確信度に応じて有人確認の有無を制御富士ゼロックスは2019年1月28日、カラー複合機の関連サービスで、手書き帳票を含む帳票からのデータ入力を自動化するサービス「Smart Data Entry」を強化すると発表した。OCR(光学文字読み取り)による文字認識結果の確からしさを判定し、判定結果に応じて人による確認の要否を制御する機能を追加した。2019年1月31日から提供する。

PAGE TOP