[事例ニュース]

三越伊勢丹グループ、顧客・商品データ分析基盤をDWH専用機からOracle Exadataに移行

2019年2月7日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三越伊勢丹グループは、米Oracleのデータベースサーバー専用機「Oracle Exadata Database Machine」を導入し、顧客データや商品データを一元的に管理する基盤を新たに構築した。Oracle Exadataを納入した日本オラクルが2019年2月7日に発表した。

 三越伊勢丹グループは従来、DWH(データウェアハウス)専用機を使って分析用データを管理していた。DWH専用機では、高い保守・運用コストや、リソースの制約などが課題となっていた。そこで、新たなシステム基盤としてOracle Exadataの導入を決定した。

 導入プロジェクトは2018年2月に立ち上げた。従来機で使っていたアプリケーションの改修、データ移行、並行運用を経て、2018年11月下旬に完全移行した。移行の結果、従来と同等以上の性能を発揮しながら、システムの運行費用を従来と比較して約30%削減した。ハードウェアの専有面積は65%削減した。

 統合ファイルサーバー用途として「Oracle ZFS Storage Appliance」も活用している。バックアップ用途も兼ねている。

 今回の顧客・商品データ分析基盤の移行プロジェクトは、三越伊勢丹グループの情報戦略を担うシステム子会社である三越伊勢丹システム・ソリューションズと、SIベンダーの新日鉄住金ソリューションズが担当した。

 Oracle Exadataに移行した分析用のアプリケーションは、すべてスクラッチで自社開発したもので、利用人数も大規模だった。通常営業で利用しながらの移行計画だったが、ユーザーが利用する機能には影響を出さずに短期間で移行を完了できた。

 今後は、百貨店グループのクレジットカードであるエムアイカードの顧客購買データと様々なデータを連携させる。これにより、顧客ごとに精度の高いマーケティング施策を図っていく。

 三越伊勢丹システム・ソリューションズは、分析基盤の移行で得られたノウハウを踏まえ、Oracle Exadataへの移行を検討中の企業を対象にサービスを外販する。

関連記事

三越伊勢丹グループ、顧客・商品データ分析基盤をDWH専用機からOracle Exadataに移行三越伊勢丹グループは、米Oracleのデータベースサーバー専用機「Oracle Exadata Database Machine」を導入し、顧客データや商品データを一元的に管理する基盤を新たに構築した。Oracle Exadataを納入した日本オラクルが2019年2月7日に発表した。

PAGE TOP