[事例ニュース]

ドライブレコーダー映像から責任割合を自動算定、損保ジャパン日本興亜がシステム開発に着手

2019年2月8日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

損害保険ジャパン日本興亜は2019年2月8日、ドライブレコーダーの映像とGPS位置情報から交通事故の状況を正確に分析し、責任の割合を自動で算定するシステムを開発すると発表した。同分野の映像解析・分析業務を手がけるジェネクストと共同で開発する。

 損保ジャパン日本興亜は、ドライブレコーダーの映像を分析して事故の責任割合を自動で算定するシステムを開発する。衝突時の映像から事故に至る双方の車両の動きや道路状況など、多岐に渡る情報を読み取る。この上で、損保ジャパン日本興亜が持つ事故に関する知見をもとに責任割合を自動で判定する(図1)。

図1:ドライブレコーダーの映像を分析して事故の責任割合を自動で算定するシステムの概要(出典:損害保険ジャパン日本興亜)図1:ドライブレコーダーの映像を分析して事故の責任割合を自動で算定するシステムの概要(出典:損害保険ジャパン日本興亜)
拡大画像表示

 背景には、ドライブレコーダーの普及に伴い、事故の責任割合を判断するうえでドライブレコーダーの映像を活用するケースが増えているという状況がある。この一方で、ドライブレコーダーの映像から車両の速度や相対的な距離などを正確に分析するためには、専門の知識と技術が必要になっていた。

 ドライブレコーダーは広角レンズで映像を撮影するため、映像にゆがみが生じている。ジェネクストは、こうした映像からでも正確な速度、相対的な距離、位置情報を分析できる技術を提供するとしている。

関連キーワード

損保ジャパン日本興亜 / ジェネクスト / 保険

関連記事

ドライブレコーダー映像から責任割合を自動算定、損保ジャパン日本興亜がシステム開発に着手損害保険ジャパン日本興亜は2019年2月8日、ドライブレコーダーの映像とGPS位置情報から交通事故の状況を正確に分析し、責任の割合を自動で算定するシステムを開発すると発表した。同分野の映像解析・分析業務を手がけるジェネクストと共同で開発する。

PAGE TOP