アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[事例ニュース]

富士電機機器制御がHandbookを導入、営業資料を統一化し提案力を向上

2019年2月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

受配電・制御分野の会社である富士電機機器制御は、営業活動の効率化と提案力の向上を目的に、タブレット向けの文書管理・配信サービス「Handbook」を導入した。営業資料を統一化したほか、動画などの営業コンテンツを導入した。Handbookを提供したアステリアが2019年2月13日に発表した。

 富士電機機器制御では従来、営業拠点や担当ごとに、個別の提案資料が存在していた。提案内容や情報提供のタイミングにバラつきがあった。また、膨大な紙の資料から脱却したかったほか、動画を活用した営業を実現したかった。そこで、営業資料を一括して管理するツールとしてHandbookを導入した(図1)。

図1:富士電機機器制御でのHandbook活用イメージ(出典:アステリア)図1:富士電機機器制御でのHandbook活用イメージ(出典:アステリア)
拡大画像表示

 Handbookを導入した効果として、営業資料の統一化と一元管理によって、営業担当者の提案力が全体的に向上した。また、製品説明に動画を活用することで、訴求力を高めることに成功した。顧客の製品への理解度が向上し、導入までのリードタイムを短縮できた。

 マイクロラーニングにも取り組んだ。営業知識の拡充といった効果が出ている。今後も、現場からのフィードバックを取り入れながら、営業支援やトレーニングのコンテンツを拡充する意向である。

関連記事

Special

-PR-

富士電機機器制御がHandbookを導入、営業資料を統一化し提案力を向上受配電・制御分野の会社である富士電機機器制御は、営業活動の効率化と提案力の向上を目的に、タブレット向けの文書管理・配信サービス「Handbook」を導入した。営業資料を統一化したほか、動画などの営業コンテンツを導入した。Handbookを提供したアステリアが2019年2月13日に発表した。

PAGE TOP