システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[事例ニュース]

しんきん共同センター、通帳レス口座を2019年8月に開始

2019年2月22日(金)IT Leaders編集部

全国信用金庫協会のしんきん共同センターは、加盟信用金庫を通帳レスで利用できるようにするシステム開発に2018年から着手している。既存口座を通帳レス口座に切り替えたり、新規口座を通帳レス口座として開設するサービスを2019年8月をめどに開始する。加盟信用金庫のうち220以上が利用する予定である。NTTデータが2019年2月21日に発表した。

 都市銀行や地方銀行では2016年頃から、通帳の発行・再発行や現物管理などの事務コストを削減するため、通帳レス化(無通帳口座の新規開設および切り替え)の取り組みを進めている。信用金庫でも同様に通帳レスの取り組みを進めているが、通帳を持たない口座保有者には定期的に取引明細情報を郵送しているため、コスト削減の効果が限定的となる。

 一方で、信用金庫利用者からは、通帳を持たずにスマートフォンなどのスマートデバイスを使って、口座を管理したい、リアルタイムに取引明細情報を確認したいというニーズが増えている。

 しんきん共同センターが2019年8月をめどに開発を進める新サービスでは、信用金庫の利用者は、来店手続き不要で、口座番号を変えずに簡易に保有口座を通帳レス口座に切り替えられる。通帳レス口座では、明細情報をスマートフォンなどから参照する(画面1)。通帳利用や取引明細情報を発送するダイレクトメールが不要になるため、通帳管理コストの削減にもつながる。

画面1:入出金明細の画面イメージ(出典:NTTデータ)画面1:入出金明細の画面イメージ(出典:NTTデータ)
拡大画像表示

 口座を通帳レス口座に切り替える手続きも簡単である。普通預金口座、総合口座を持つ個人は、来店することなく、自身のスマートデバイスから、「店番、口座番号、氏名、生年月日、電話番号、キャッシュカード暗証番号」を用いた本人確認だけで切り替えられる。既存口座の口座番号を変えずに通帳レス口座へ切り替えられる。

関連キーワード

信用金庫 / 金融

関連記事

Special

-PR-

しんきん共同センター、通帳レス口座を2019年8月に開始全国信用金庫協会のしんきん共同センターは、加盟信用金庫を通帳レスで利用できるようにするシステム開発に2018年から着手している。既存口座を通帳レス口座に切り替えたり、新規口座を通帳レス口座として開設するサービスを2019年8月をめどに開始する。加盟信用金庫のうち220以上が利用する予定である。NTTデータが2019年2月21日に発表した。

PAGE TOP