システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[新製品・サービス]

MDISが「SAP S/4HANA導入支援サービス」を体系化、テンプレートを活用してアドオンを抑制

2019年3月4日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)は2019年3月4日、SAP ERPユーザー向けに「SAP S/4HANA導入支援サービス」を提供開始すると発表した。合わせて、SAP S/4HANA用のERPテンプレート「MELEBUS(メリーバス) 1809」を2019年4月1日からクラウドで提供する。販売目標は、2021年度までに50システム。

 SAP S/4HANA導入支援サービスは、SAP S/4HANAの導入に必要なサービス群を体系化している。サービスの構成として、(1)導入時のアセスメントサービス、(2)導入計画の立案サービス、(3)SAP ERPからのコンバージョン(移行)サービス、(4)新規に設計・構築するリビルド(再構築)サービス、などを用意した(図1)。

図1:「SAP S/4HANA」導入に関わるサービス体系概念図(出典:三菱電機インフォメーションシステムズ)図1:「SAP S/4HANA」導入に関わるサービス体系概念図(出典:三菱電機インフォメーションシステムズ)
拡大画像表示

 アセスメントにおいては、ユーザー環境におけるSAP S/4HANAへの変換について、SAP標準のアセスメントツールを用いて影響度を調査する。オプションで、SAP S/4HANAを「まず試してみる」ことができるPoC(概念検証)環境を提供する。これらにより、戦略立案と合意形成を支援する。

 導入作業を効率化する手法として、SAP S/4HANA 1809向けのERPテンプレートであるMELEBUS1809をクラウド型で提供する。また、汎用のデータメンテナンスツールとして、SAP製品へのデータ投入や更新をExcelシートの操作で行える「MALSY」を活用する。これらにより、アドオン開発を削減する。

 価格(税別)は、SAP S/4HANA導入アセスメントサービスが600万円から。導入計画立案サービス、コンバージョンサービス、リビルドサービスは、それぞれ個別見積もり。ERPテンプレートMELEBUS 1809は、月額250万円から(最低利用期間は2カ月)。データメンテナンスツールのMALSYは、バッチインプット方式が10ユーザーで150万円、RFC/BAPI方式が10ユーザーで150万円から。

関連記事

Special

-PR-

MDISが「SAP S/4HANA導入支援サービス」を体系化、テンプレートを活用してアドオンを抑制三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)は2019年3月4日、SAP ERPユーザー向けに「SAP S/4HANA導入支援サービス」を提供開始すると発表した。合わせて、SAP S/4HANA用のERPテンプレート「MELEBUS(メリーバス) 1809」を2019年4月1日からクラウドで提供する。販売目標は、2021年度までに50システム。

PAGE TOP