[事例ニュース]

飲食サービスのクレジットカード決済を顔認証で、NECが社内で実証実験、2019年内に製品化

2019年3月18日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2019年3月18日、クレジットカード決済に顔認証を利用する実証実験を開始すると発表した。NECグループ社員向けの福利厚生施設「NEC芝倶楽部」において、飲食代金の支払いに利用する。実験期間は、2019年3月18日から4月19日まで。実証実験を経て、2019年内に顔認証決済サービスを販売する。

 クレジットカード決済に顔認証を利用する実証実験を開始する。NEC芝倶楽部の飲食サービスを利用するNECグループ社員を対象に、手ぶらで代金支払いができるキャッシュレス決済の仕組みを提供する(写真1)。顔認証エンジンとしてNECの「NeoFace」を使う。

写真1:顔認証決済サービスの利用イメージ(出典:NEC)写真1:顔認証決済サービスの利用イメージ(出典:NEC)
拡大画像表示

 事前に撮影して登録した利用者の顔画像と、クレジットカードの情報を、システム上で関連付けておく。飲食代金の支払いの際には、レジカウンターに設置したカメラで撮影した顔画像と、事前に登録した顔画像を照合し、本人を確認する。これにより、クレジットカードを提示することなくクレジットカード決済ができる(図1)。

図1:顔認証決済サービスの利用までの流れ(出典:NEC)図1:顔認証決済サービスの利用までの流れ(出典:NEC)
拡大画像表示

 NECは、実証実験を通じて、不特定多数の人が利用する実店舗における認証性能や運用負荷を評価・検証する。実証実験の成果として、複数の決済サービス事業者を仲介する決済サービス「マルチサービスゲートウェイ」のオプション機能として2019年内に販売を開始する予定である。

関連キーワード

顔認証 / NEC / クレジットカード

関連記事

Special

-PR-

飲食サービスのクレジットカード決済を顔認証で、NECが社内で実証実験、2019年内に製品化NECは2019年3月18日、クレジットカード決済に顔認証を利用する実証実験を開始すると発表した。NECグループ社員向けの福利厚生施設「NEC芝倶楽部」において、飲食代金の支払いに利用する。実験期間は、2019年3月18日から4月19日まで。実証実験を経て、2019年内に顔認証決済サービスを販売する。

PAGE TOP