[新製品・サービス]

富士ゼロックス、建設現場のデータ入力を支援、西松建設が事務作業を35%削減

2019年3月20日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士ゼロックスは2019年3月19日、建設現場におけるデータ入力を支援するサービス「かんたんデータエントリサービス」を発表、同日提供を開始した。複合機とクラウドサービスを連携させることで、データ入力や書類作成業務を効率化する。西松建設が2017年7月から導入し、現場の事務的業務が約35%減った。

 かんたんデータエントリサービスは、建設現場におけるデータ入力を支援するサービスである(図1)。具体的には、建設現場に設置した複合機で紙の書類をスキャンし、スキャンデータをクラウドに転送する。これをクラウド上で電子化する。スキャンデータから必要なデータを抽出し、フォーマットにデータを記入して保存する。

図1:建設業向け働き方改革サービスの概要(出典:富士ゼロックス)図1:建設業向け働き方改革サービスの概要(出典:富士ゼロックス)
拡大画像表示

 クラウド上では、スキャンデータを自動でデータ化するほか、オペレーターがパートナと連携して人手で作業を実施する。建設現場では、複合機でスキャンして複合機から送るだけでなく、パソコンに保存した現場の画像をパソコンからクラウドに送るといった使い方もできる。

 事例の1つとして、西松建設が同サービスを導入した。建設現場における就労管理や工事写真整理、伝票整理といった書類作成関連業務を、約35%削減した。富士ゼロックスでは、西松建設に対して、複合機の手配、設置、管理、移転などの運用管理サービスもあわせて提供している。

関連キーワード

富士ゼロックス / 西松建設

関連記事

Special

-PR-

富士ゼロックス、建設現場のデータ入力を支援、西松建設が事務作業を35%削減富士ゼロックスは2019年3月19日、建設現場におけるデータ入力を支援するサービス「かんたんデータエントリサービス」を発表、同日提供を開始した。複合機とクラウドサービスを連携させることで、データ入力や書類作成業務を効率化する。西松建設が2017年7月から導入し、現場の事務的業務が約35%減った。

PAGE TOP