[市場動向]

ルノー・日産・三菱自動車がコネクテッドカーの基盤をAzureで構築、日産リーフなどで開始

2019年3月20日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

仏ルノー(Renault)、日産自動車、三菱自動車の3社アライアンスは2019年3月20日、自動車をネットワークにつないでデータを収集して活用するコネクテッドカーサービスのための基盤「アライアンス インテリジェント クラウド」を立ち上げると発表した。車両データを保持、管理、分析する基盤としてMicrosoft Azureを活用する。

 アライアンス インテリジェント クラウド(Alliance Intelligent Cloud)は、自動車をネットワークにつないで車両データを収集・活用するコネクテッドカーサービスのためのデータ活用基盤である。ルノー・日産・三菱自動車アライアンスが車両を販売しているグローバル200市場のほぼすべてで、コネクテッドカーサービス用のインフラとして同クラウドを利用する。

画面1:アライアンス インテリジェント クラウドのイメージ(出典:ルノー、日産自動車、三菱自動車)
拡大画像表示

 2019年の後半から、ルノーの「クリオ(Clio、日本での車名はルーテシア)」新型車両モデルと、欧州・日本向けの「日産リーフ」の一部の車両モデルにおいて、同クラウド経由のコネクテッドカーサービスを開始する予定。これらは、米マイクロソフト(Microsoft)のコネクテッドカー用基盤「マイクロソフト コネクテッド ビークル プラットフォーム」を大規模に利用する最初の車両となる。

 アライアンス インテリジェント クラウドを活用することで、車両からインターネットへのアクセスがシームレスになるとしている。収集したデータに対しては、AI(人工知能)などのデータ分析手法を適用できる。同クラウドによって、新たなビジネス戦略を市場に投入するための時間を短縮可能としている。

 同クラウドによって、カーナビや道路交通情報などのインフォテインメントサービスだけでなく、車両状況の監視、遠隔診断、継続的なソフトウェアの展開、ファームウェアの更新といったメンテナンスも可能になる。

関連キーワード

Renault / 日産自動車 / 三菱自動車 / コネクテッドカー / Azure

関連記事

Special

-PR-

ルノー・日産・三菱自動車がコネクテッドカーの基盤をAzureで構築、日産リーフなどで開始仏ルノー(Renault)、日産自動車、三菱自動車の3社アライアンスは2019年3月20日、自動車をネットワークにつないでデータを収集して活用するコネクテッドカーサービスのための基盤「アライアンス インテリジェント クラウド」を立ち上げると発表した。車両データを保持、管理、分析する基盤としてMicrosoft Azureを活用する。

PAGE TOP