[新製品・サービス]

フリービット、クラウド型の監視カメラシステムを開始、モバイル通信SIMとセットで提供

2019年3月22日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

通信事業者のフリービットは2019年3月22日、クラウド型の監視カメラサービスを2つ発表した。(1)「クラウド録画」は、クラウド型の録画ソフトをモバイル通信SIMとセットで提供する。価格(税別)は、SIM料金を除いて、7日間で1000円または30日間で1800円。(2)「freebit cloud CAMPASS」は、ニーズに応じて監視カメラシステムを構築して運用できるサービスで、動態検知や音声通知、アーカイブ検索など各種の機能を利用できる。価格は要問い合わせ。

 フリービットの新サービスの1つ、「クラウド録画」は、クラウド型の録画ソフトをモバイル通信SIMとセットで提供するサービスである(図1)。監視カメラを束ねたモバイルルーターや監視カメラ自体にモバイル通信SIMを挿し、撮影映像をモバイル閉域網を介してクラウドに転送して保存する。こうして録画した映像データをインターネットを介してWebブラウザで監視・閲覧する。

図1:クラウド録画の概要(出典:フリービット)図1:クラウド録画の概要(出典:フリービット)
拡大画像表示

 このための道具立てとして、SaaS型のクラウドサービスとモバイル通信SIMをセットで提供する。クラウド上で動作する監視カメラシステムは、アロバが提供する録画ソフト「アロバビュー」をベースに構築している。ユーザーごとに閲覧権限を設定できるほか、1画面で最大36個のカメラ映像を同時に閲覧できる。遠隔からカメラに対してPTZ(パンチルトズーム)操作もできる。

 プランは、想定品質(ネットワーク帯域)に応じて3タイプを用意した。いずれのプランも価格は同じで、7日間で1000円、30日間で1800円である。「エントリー」は、128kbit/秒(640×480ドット×毎秒5フレーム)を想定している。「スタンダード」は、256kbit/秒(800×600ドット×毎秒5フレーム)を想定している。「プレミアム」は、512kbit/秒(1280×720ドット×毎秒5フレーム)を想定している。

 クラウド録画のプランごとに、組み合わせるモバイル通信SIMのプランが決まっている。クラウド録画のエントリープランには、上り特化40GBのプランがセットになる。スタンダードプランには、上り特化80GBのプランがセットになる。プレミアムプランには、上り無制限のプランがセットになる。

関連キーワード

監視カメラ / フリービット / MVNO

関連記事

Special

-PR-

フリービット、クラウド型の監視カメラシステムを開始、モバイル通信SIMとセットで提供通信事業者のフリービットは2019年3月22日、クラウド型の監視カメラサービスを2つ発表した。(1)「クラウド録画」は、クラウド型の録画ソフトをモバイル通信SIMとセットで提供する。価格(税別)は、SIM料金を除いて、7日間で1000円または30日間で1800円。(2)「freebit cloud CAMPASS」は、ニーズに応じて監視カメラシステムを構築して運用できるサービスで、動態検知や音声通知、アーカイブ検索など各種の機能を利用できる。価格は要問い合わせ。

PAGE TOP