アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

TIS、クラウド型のAI-OCRサービス「Paper Searcher」、スキャンしたPDFをテキスト化

2019年3月22日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

TISは2019年3月22日、クラウド型のAI-OCRサービス「Paper Searcher(ペーパー・サーチャー)」を発表、同日提供を開始した。スキャンしてPDF化した紙資料をクラウドにアップロードするだけで、手書き文字をテキストデータ化できる。PDFとテキストデータをクラウドストレージに保管し、検索もできる。価格(税別)は、帳票枚数による従量課金制で、月額10万円から。

 Paper Searcherは、クラウド型のAI-OCR(光学文字読み取り)サービスである。手書きの文字を含んだ紙の資料をテキストデータに変換できる(画面1)。AI-OCRエンジンには「Tegaki」(Cogent Labs製)を使う。

画面1:Paper Searcherの検索画面イメージ(出典:TIS)画面1:Paper Searcherの検索画面イメージ(出典:TIS)
拡大画像表示

 テキスト領域は、自動で検知する。読み取り領域を事前に指定する必要がないため、非定型フォーマットの書類を容易に電子化できる。また、業界用語、化学物質名、企業用語などを辞書に登録できる。これにより、テキスト化の精度を上げられる。

 今後は、協業企業とともに、周辺サービスを組み合わせて業務を支援するサービスを展開していく。例えば、帳票の種類に応じて振り分けてから帳票OCRに連携させる「帳票振分ソリューション」を2019年春に提供する。

 FAXとの連携では、クラウド型のFAXサービス「TransFax」(トランザクトが提供)と連携し、受信したFAXをデジタル化するサービスを提供する。RPAソフトとの連携では、RPAソフト「UiPath」と連携し、申請書の処理を自動化したり、テキスト化したデータを業務システムに自動で入力したりするサービスを提供する。

関連キーワード

OCR / TIS / AI-OCR

関連記事

Special

-PR-

TIS、クラウド型のAI-OCRサービス「Paper Searcher」、スキャンしたPDFをテキスト化TISは2019年3月22日、クラウド型のAI-OCRサービス「Paper Searcher(ペーパー・サーチャー)」を発表、同日提供を開始した。スキャンしてPDF化した紙資料をクラウドにアップロードするだけで、手書き文字をテキストデータ化できる。PDFとテキストデータをクラウドストレージに保管し、検索もできる。価格(税別)は、帳票枚数による従量課金制で、月額10万円から。

PAGE TOP