[新製品・サービス]

ソフトバンク・テクノロジー、マネージドセキュリティサービスを顧客の海外拠点に向けて英語に対応

2019年3月25日(月)IT Leaders編集部

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は2019年3月22日、海外に進出している国内企業向けに、マネージドセキュリティサービス(MSS)の英語対応を2019年4月に開始すると発表した。

 ソフトバンク・テクノロジーは、海外に進出している国内企業に向けて、マネージドセキュリティサービス(MSS)を英語に対応させる(図1)。背景には、国内企業の海外進出が進み、システム運用のアウトソースが加速している状況がある。特に、セキュリティシステムの運用では、時差や言語に影響されることなく24時間365日いつでも現地担当者と直接連絡できることが求められている。

図1:グローバル監視センターの対応イメージ(出典:ソフトバンク・テクノロジー)図1:グローバル監視センターの対応イメージ(出典:ソフトバンク・テクノロジー)
拡大画像表示

 マネージドセキュリティサービスでは、ソフトバンク・テクノロジーのセキュリティアナリストが、24時間365日、ユーザーのセキュリティシステムの運用・監視を行う。独自の脅威検知AIを用いたログ分析基盤なども活用する。精度の高い分析や、脅威検知のスピードの向上など、サービスの強化も図っている。

 海外向けには、監視拠点を海外に開設し、グローバル監視センターとして運営している。海外拠点にいるユーザー側担当者への電話やメールによるサポートや、緊急時における対応などを行う。海外拠点で発生した重要なアラートを検知し、インシデントの発生に対して早期解決に向けて迅速に対応する。

関連キーワード

ソフトバンク・テクノロジー / マネージドサービス / MSS / グローバル

関連記事

Special

-PR-

ソフトバンク・テクノロジー、マネージドセキュリティサービスを顧客の海外拠点に向けて英語に対応ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は2019年3月22日、海外に進出している国内企業向けに、マネージドセキュリティサービス(MSS)の英語対応を2019年4月に開始すると発表した。

PAGE TOP