バックアップ/アーカイブ バックアップ/アーカイブ記事一覧へ

[新製品・サービス]

NTT Com、Office 365のバックアップと移行サポートをパッケージ化

2019年4月19日(金)IT Leaders編集部

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2019年4月18日、マイクロソフトのクラウド型オフィスアプリケーション「Office 365」の追加メニューとして、Office 365のデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」の提供を開始した。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の「クラウドバックアップ」は、Office 365の主要サービスのデータを自動でバックアップし、ファイルを消失した際には専用のポータルサイトから迅速に復元可能にするサービスである(図1)。米国でOffice 365のデータバックアップサービスの提供実績が豊富なSkyKickと協業し、同社のサービスを活用している。

図1:専用ポータルサイトの画面イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)図1:専用ポータルサイトの画面イメージ(出典:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 また、新たにOffice 365の利用を始めるユーザー向けに、バックアップ機能に加えて、メールデータの移行や導入サポートサービスをセットにした「移行サポートパック」も用意している。

 クラウドバックアップでは、「Exchange Online」のメールデータや予定表、連絡先情報に加え、情報共有/ストレージサービス「SharePoint Online」「OneDrive for Business」や統合コミュニケーションツール「Microsoft Teams」に保存しているファイルをすべてバックアップできる。

 重要なデータを契約期間内は無期限・容量無制限で保管することができ、アーカイブとしての利用以外に、退職によるアカウント削除で消えてしまったデータの復元、マルウェア感染やその他予期せぬ原因で消失したファイルの復元など、Office 365のみでは対処が難しい多様なケースで活用できる。

 移行サポートパックは、2020年に実施予定の「Office 2010」とWindows 7のサポートの終了や働き方改革の推進などに向けて、これからOffice 365を導入するユーザーに対して、「移行サポートパック」をセットにしたプランである。メール移行要件のヒアリング、移行設計、専用移行ツール設定、移行状況のモニタリングなどのサポートをリモートで行う。また、移行先となるOffice 365の初期設定サポートや、管理者および利用者向けのトレーニングなども提供する。

 利用開始後すぐに自動でバックアップを開始する。アカウント(利用者)が追加された際には、自動的にアカウントを検出してバックアップを開始するなど、運用負荷を抑えられる仕様になっている。専用のポータルサイトで対象のメールやファイル、フォルダー、アカウントなど、復元したい単位に応じたデータを検索し、クリック操作で元の場所へ復元することが可能だ。

 価格(税別)は、Office 365各サービスのバックアップを行い、移行サポートを付ける場合の例として、Office 365 Business Essentialsを3ライセンスとクラウドバックアップ・移行サポートパック(Suite)の価格が、初期費用が31万円からで、1ID当たりの月額料金が960円。

 Exchange Onlineのみのバックアップを行い、移行サポートを付けない場合の例は、Exchange Online Businessが5ライセンスとクラウドバックアップ・ライト(Exchange Online)の価格が、初期費用は不要で、1ID当たりの月額料金が410円となっている。

関連キーワード

NTTコミュニケーションズ / Office 365 / Microsoft

関連記事

Special

-PR-

NTT Com、Office 365のバックアップと移行サポートをパッケージ化NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2019年4月18日、マイクロソフトのクラウド型オフィスアプリケーション「Office 365」の追加メニューとして、Office 365のデータバックアップサービス「クラウドバックアップ」の提供を開始した。

PAGE TOP