[事例ニュース]

みずほ銀行、音声認識とRPAで市場商品の取引データをシステムに自動入力

2019年4月25日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

みずほ銀行は2019年4月25日、市場バンキング業務において、市場商品の取引データの入力を自動化する「音声入力システム」を稼働させたと発表した。音声認識とテキストマイニングでデータ化し、RPA(ロボットによる業務自動化)でシステムに入力する。2019年3月から稼働している。

 みずほ銀行の音声入力システムは、同行の市場バンキング業務において、市場商品の取引データの入力を自動化するシステムである。みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ情報総研、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)の4組織が共同で開発したシステムであり、以下の3つの要素で構成する。

 (1)まずは、電話で発話した内容を、NTT Comの音声認識技術を用いてテキスト化する。市場の慣行となっている用語や言い回しも認識する。

 (2)次に、みずほ情報総研が開発した「重要事項抽出システム」を使って、テキスト化した発話内容から、取引管理システムへの入力に必要な項目(重要事項)を抽出する。

 (3)最後に、抽出した重要事項を、みずほ情報総研が開発したRPAソフトウェア「LuPa」を用いて取引管理システムに自動で入力する。

 2019年3月から、みずほ銀行の市場バンキング業務で利用を開始しており、全取引のうち約7割に及ぶ取引について、取引データ入力を自動化し、業務効率化を実現している。

 背景には、金融市場における国債、資金取引などの売買は、相手先との取引条件の確認(金額、価格、受渡日など)を電話(口頭)で行うことが市場慣行となっているという状況がある。これまで、みずほ銀行では、確認した取引条件を、売買成立後に手作業で銀行内の取引管理システムに入力していた。

 今回、取引データ入力の業務効率化に向けて、RPAの実績を持つみずほ情報総研とNTT Comと共同で、音声入力システムを開発した。

関連キーワード

みずほ銀行 / NTTコミュニケーションズ / みずほ情報総研 / 音声認識

関連記事

Special

-PR-

みずほ銀行、音声認識とRPAで市場商品の取引データをシステムに自動入力みずほ銀行は2019年4月25日、市場バンキング業務において、市場商品の取引データの入力を自動化する「音声入力システム」を稼働させたと発表した。音声認識とテキストマイニングでデータ化し、RPA(ロボットによる業務自動化)でシステムに入力する。2019年3月から稼働している。

PAGE TOP