[市場動向]

コニカミノルタ、AIを活用したデジタル変革で日本マイクロソフトと協業

2019年5月16日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

コニカミノルタと日本マイクロソフトは2019年5月16日、コニカミノルタのデジタル変革推進において包括的な協業を進めると発表した。コニカミノルタが持つカメラやセンサーおよび画像解析アルゴリズムと、日本マイクロソフトがMicrosoft Azure上で提供しているIoTやマシンラーニング(機械学習)技術を組み合わせ、新たな製品サービスを開発する。

 コニカミノルタは、AIを活用したデジタル変革で日本マイクロソフトと協業する。カメラやセンサーおよび画像解析アルゴリズムと、Azure上のIoTやマシンラーニング技術を組み合わせる。これにより、新たな製品サービスを開発する。

 コニカミノルタが現在検討している製品サービス分野は、大きく3つある。デジタルワークプレイス分野(働き方)、ヘルスケア分野(介護・ヘルスケ)、産業光学分野(ものづくり)である。

 デジタルワークプレイス分野では、複合機「Workplace Hub」とネットワークカメラ「Mobotix」を、日本マイクロソフトの組織分析アプリケーション「Workplace Analytics」と組み合わせる。これにより、オフィスでの社員の働き方を可視化する。デバイスやアプリケーションから得られるデータを定量的に分析する。

 ヘルスケア分野では、介護施設や高齢者住居に設置したセンサーから、バイタルデータや画像データをAzureに転送して活用する。施設の入所者や利用者の状況を知るバイタルグラフ、介護スタッフヘルパーへのアラート、および他職種連携のための情報共有サービス機能を提供する。

 産業光学分野では、AIによる画像診断などを利用して、製造現場における製造コストの把握や予知保全を実現する。可視化の基盤として、日本マイクロソフトのクラウド型IoTサービスであるAzure IoT Centralを活用する。また、品質検査の自動化に両社のAI技術を利用する。

 協業ではさらに、AI人材とIoT人材の育成を強化する新制度をコニカミノルタに導入する。例えば、日本マイクロソフトへのインターンシップを可能にする制度を導入する。日本マイクロソフトのオンライン学習コースであるMicrosoft LearnやAzure認定試験を受講できるようにする。米Microsoftでのスタートアップ企業との交流機会なども提供する。

 また、今後コニカミノルタが提供を予定している業種向けの製品サービスについて、日本マイクロソフトおよび米Microsoftの販売チャネルやパートナエコシステムを活用する。コニカミノルタは、AzureやMicrosoft 365、Dynamics 365などを利用した業種向けの製品サービスを提供する予定である。

関連キーワード

コニカミノルタ / 中堅・中小企業 / 複合機

関連記事

Special

-PR-

コニカミノルタ、AIを活用したデジタル変革で日本マイクロソフトと協業コニカミノルタと日本マイクロソフトは2019年5月16日、コニカミノルタのデジタル変革推進において包括的な協業を進めると発表した。コニカミノルタが持つカメラやセンサーおよび画像解析アルゴリズムと、日本マイクロソフトがMicrosoft Azure上で提供しているIoTやマシンラーニング(機械学習)技術を組み合わせ、新たな製品サービスを開発する。

PAGE TOP