開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

セールスフォース・ドットコム、アプリケーション開発基盤「Heroku」を期間限定で無償提供

2019年5月22日(水)IT Leaders編集部

セールスフォース・ドットコムは2019年5月21日、アプリケーション開発基盤(PaaS)の「Heroku」を、1社当たり5万ドルのクレジットを上限に、最長1年間の期間限定で利用できる「Herokuスタートアッププログラム」を開始した。日本国内のスタートアップ企業のアプリケーション開発を支援する目的で提供する。

 Herokuは、PaaS(Platform as a Service)型のクラウドサービスである。サーバーなどのハードウェア基盤に加えて、アプリケーションの構築、デプロイ、運用のための仕組みを提供する。150種以上のアドオンプログラムを用意しており、Salesforce.comのサービス群とデータを連携できる。

 Herokuスタートアッププログラムでは、Herokuを利用するためのクレジット「Herokuプラットフォームクレジット」を、1社当たり5万ドルを上限に提供する。クレジットは、Herokuで開発したアプリケーションを本番サービスとして稼働させる用途で利用できる。スタートアップ企業のアプリケーション開発コストを低減できる。

 対象となるスタートアップ企業は、同プログラムに賛同するCoral Capital/500 Startups Japan、G-STARTUP、Open Network Lab、Plug and Play Japan、Reality Accelerator、東京大学FoundXなどのアクセラレーターによって支援されていることが条件になる。プログラムへの応募はアクセラレーターが行う。また同プログラムへの参加に関心のあるアクセラレーターも随時募集する。

 セールスフォース・ドットコムは、2019年12月に発表した日本のスタートアップ企業を対象とした1億ドルのファンド「Japan Trailblazer Fund」の開設以降、国内のスタートアップ企業の支援を強化している。

関連キーワード

Salesforce.com / PaaS / Heroku / スタートアップ / 中堅・中小企業

関連記事

Special

-PR-

セールスフォース・ドットコム、アプリケーション開発基盤「Heroku」を期間限定で無償提供セールスフォース・ドットコムは2019年5月21日、アプリケーション開発基盤(PaaS)の「Heroku」を、1社当たり5万ドルのクレジットを上限に、最長1年間の期間限定で利用できる「Herokuスタートアッププログラム」を開始した。日本国内のスタートアップ企業のアプリケーション開発を支援する目的で提供する。

PAGE TOP