[新製品・サービス]

KDDI、強化版SMS「+メッセージ」を業務システムから配信するためのサービス

2019年5月24日(金)IT Leaders編集部

KDDIは2019年5月23日、携帯電話/スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)の強化版の位置づけで提供中の「+メッセージ」の関連サービスとして、「KDDI Message Cast」をリリースした。企業が顧客とのコミュニケーションを円滑に行うことを支援する。

 「+メッセージ」は、携帯電話番号だけでメッセージをやりとりできるSMSの機能を強化したサービスである。2018年5月にKDDI、NTTドコモ、ソフトバンクの3社でサービスを開始した。ユーザーは、+メッセージのアプリケーションをインストールして使う。アプリをインストールしていない顧客に対しても、+メッセージをSMSに自動変換する機能を提供する。これにより、自動的にSMSで配信できる。

図1:KDDI Message Castの概要(出典:KDDI)図1:KDDI Message Castの概要(出典:KDDI)
拡大画像表示

 KDDI Message Castは、+メッセージを企業の既存システムとAPI連携させて、既存システムから顧客の携帯電話番号あてにメッセージを配信したり、双方向でメッセージをやり取りしたりできるサービスである(図1)。電話対応や紙の送付などにかかっていたコストも削減できる。

 第1弾の公式アカウントとして新生銀行が参画し、新規口座開設のキャンペーンや本人認証の実証実験を開始する。また、じぶん銀行、三菱UFJニコス、讀賣テレビ放送も順次実証実験を予定している。金融機関、クレジットカード会社、保険会社、航空会社、旅行・ホテル、運輸・宅急便、人材などのさまざまな業界でも利用が可能だ。

関連キーワード

KDDI / SMS

関連記事

Special

-PR-

KDDI、強化版SMS「+メッセージ」を業務システムから配信するためのサービスKDDIは2019年5月23日、携帯電話/スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)の強化版の位置づけで提供中の「+メッセージ」の関連サービスとして、「KDDI Message Cast」をリリースした。企業が顧客とのコミュニケーションを円滑に行うことを支援する。

PAGE TOP