[新製品・サービス]

アデコ、RPAエンジニアの養成派遣サービスを開始

2019年5月29日(水)IT Leaders編集部

人材サービスを手がけるアデコは2019年5月28日、RPA(ロボットによる業務自動化)エンジニアを養成して企業へ派遣する新たなサービス「RPAマスター養成派遣」を発表した。首都圏で提供を開始している。育成と派遣一体型のサービスであり、キャリア開発と人材需要充足を同時に支援する。今後、全国へと拡大する計画。

 RPAマスター養成派遣は、代表的なRPAソフトウェアである「WinActor」または「UiPath」を用いてバックオフィスの業務を自動化・効率化できる人材を育成し、RPAエンジニアを必要とする企業へと派遣するサービスである。養成のための研修は、アデコとグループ会社のVSNが共同で行う。

 RPAに関する業務の経験がない人でも参加することが可能。養成したRPAエンジニアは、すでにRPAを導入し運用のための人材を求めている企業以外に、社内でのRPA導入を推進するための人材を必要とする企業へも派遣する。

 アデコは、自社の請負案件ですでにRPAの導入および運用を行っている。研修を含む様々なノウハウを社内で蓄積している。

 RPAマスター養成派遣のWinactorコースでは、これまでに得た知見を生かし、実践を重視した独自のカリキュラムを提供する。また、アデコは2018年10月にUiPathとトレーニング・アソシエイト契約を締結しており、UiPathコースではUiPath製品の機能や技術に習熟した講師が講義を担当する。

関連キーワード

アデコ / IT人材 / WinActor / UiPath

関連記事

Special

-PR-

アデコ、RPAエンジニアの養成派遣サービスを開始人材サービスを手がけるアデコは2019年5月28日、RPA(ロボットによる業務自動化)エンジニアを養成して企業へ派遣する新たなサービス「RPAマスター養成派遣」を発表した。首都圏で提供を開始している。育成と派遣一体型のサービスであり、キャリア開発と人材需要充足を同時に支援する。今後、全国へと拡大する計画。

PAGE TOP