開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

ID管理、CI/CD、決済を提供する3社、SaaS事業者を支援する販促プログラムを共同で開始

2019年6月3日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

Auth0、CircleCI、ストライプジャパンの3社は2019年6月3日、SaaS事業を始めるスタートアップ企業を支援するプログラム「Go_SaaS 三種の神器」を共同で進めると発表した。SaaS事業に必要な環境として、ID管理、CI/CD、決済の3機能をクラウド型で提供する。支援プログラムでは、アマゾンウェブサービスジャパンと共催で各種セミナーを開催するほか、導入サポートを提供する。

 Auth0、CircleCI、ストライプジャパンはそれぞれ、ID管理、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリ)、API経由で利用できる決済サービス、の機能をクラウドサービス型で提供している。3社は今回、ID管理、CI/CD、決済の3機能を、SaaS事業を始めるための三種の神器として定義し、これらを活用してSaaS事業を始める企業を支援するプログラムを用意した(図1)。

図1:Go_SaaS 三種の神器のロゴ(出典:Auth0、CircleCI、ストライプジャパン)図1:Go_SaaS 三種の神器のロゴ(出典:Auth0、CircleCI、ストライプジャパン)
拡大画像表示

 支援プログラムは、具体的な活動として、アマゾンウェブサービスジャパンと共催で各種セミナーを開催するほか、導入サポートを提供する。既存のパッケージソフトウェアをSaaS化したい企業や、リソースをかけずにSaaS事業を始めたいスタートアアップ企業などを支援する。

 セミナーは、3社共同の教育セミナーを、アマゾンウェブサービスジャパンと共催で、東京を含む主要な都市で開催する。SaaSやサブスクリプション事業を構築するための知識を提供するとともに、各種ツールの活用方法をユーザー事例を交えて紹介する。初回セミナーは2019年7月8日にアマゾンウェブサービスジャパンのオフィスで開催する。

 導入支援サポートとして、具体的な導入を検討しているユーザー企業に向けて、Auth0、CircleCI、ストライプジャパンから無料の導入相談・技術支援を提供する。さらに、ストライプジャパンの決済サービスの導入を検討しているユーザー企業に向けて、決済総額が250万円に達するまで決済手数料を無料とするクーポンを提供する。

関連キーワード

Auth0 / CircleCI / ストライプジャパン / SSO / CI/CD / AWS

関連記事

Special

-PR-

ID管理、CI/CD、決済を提供する3社、SaaS事業者を支援する販促プログラムを共同で開始Auth0、CircleCI、ストライプジャパンの3社は2019年6月3日、SaaS事業を始めるスタートアップ企業を支援するプログラム「Go_SaaS 三種の神器」を共同で進めると発表した。SaaS事業に必要な環境として、ID管理、CI/CD、決済の3機能をクラウド型で提供する。支援プログラムでは、アマゾンウェブサービスジャパンと共催で各種セミナーを開催するほか、導入サポートを提供する。

PAGE TOP