[事例ニュース]

医薬品卸のイワキ、営業事務で月末に発生する400件のデータ入力をRPAで自動化

2019年6月4日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

医薬品の専門商社であるイワキは、営業事務の一部を効率化するため、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「Automation Anywhere」を導入した。2019年2月にソフトウェアロボットを稼働させ、月末に発生していた約400件の値引き申請のデータ入力処理を自動化した。SIベンダーの日立ソリューションズが2019年6月4日に発表した。

 イワキは2019年2月、営業事務の一部で月末に発生していた約400件の値引き申請のデータ入力処理をRPAで自動化した。イワキと、同社の導入を支援した日立ソリューションズはまず約100件の単純な業務を洗い出し、この中から短期間で効果を測れる業務として、値引き申請のデータ入力処理を選択した。

 イワキは今後も、自社でのロボット開発を推進する。例えば、販売実績の集計・報告や、基幹システムへの受注入力といった業務にも、RPAの適用範囲を拡大する。人事や経理の業務にも適用範囲を拡大し、2019年内に約20台のロボットの稼働を目指す。

 日立ソリューションズは、イワキの基幹システムを構築した実績がある。また、RPAソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise」をユーザー企業に導入するSIサービス「RPA(Robotic Process Automation)業務自動化ソリューション」もメニュー化している。RPAの全社導入で必要となる、ロボット開発手法の標準化や進め方などを総合的に支援するとしている。

関連キーワード

イワキ / 医薬品 / Automation Anywhere

関連記事

Special

-PR-

医薬品卸のイワキ、営業事務で月末に発生する400件のデータ入力をRPAで自動化医薬品の専門商社であるイワキは、営業事務の一部を効率化するため、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフトウェア「Automation Anywhere」を導入した。2019年2月にソフトウェアロボットを稼働させ、月末に発生していた約400件の値引き申請のデータ入力処理を自動化した。SIベンダーの日立ソリューションズが2019年6月4日に発表した。

PAGE TOP