コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

ソフトバンク、Microsoft Teams向けに外線電話サービス「UniTalk」、1番号あたり月額800円

2019年6月17日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本マイクロソフトとソフトバンクは2019年6月17日、Office 365のコラボレーションツール「Microsoft Teams」で使える新機能として、固定電話番号で発着信できる音声通話サービス「UniTalk(ユニトーク)」を発表した。ソフトバンクが同年8月1日からTeamsユーザーに向けて提供する。価格(税別)は1番号当たり月額800円(別途ユニバーサル料金が必要)。初期費用は1000円。販売目標として100万契約を掲げる。

 Microsoft Teamsは、Office 365で使えるコラボレーションツールである。チャットによる会話を軸に、資料の共有や同時編集、ビデオ会議や企業向け電話機能、各種アプリケーションとの連携ができる。今回、日本市場では初めてとなるMicrosoft Teams向けの音声通話サービスを発表した。ソフトバンクがUniTalkの名称で提供する(図1)。正式サービス開始に先立ってUniTalkを先行導入しているユーザーは、ニトリホールディングスなど11社。

図1:UniTalkの概要(出典:日本マイクロソフト、ソフトバンク)図1:UniTalkの概要(出典:日本マイクロソフト、ソフトバンク)
拡大画像表示

 UniTalkを使うと、Microsoft Teamsに外線電話による音声通話サービスを統合できる。Microsoft Teamsのユーザーごとに固定電話番号(0AB-J番号)を割り当てる仕組み。ユーザーは、オフィスや外出先から、PCやタブレット、スマートフォンなどを使って、固定電話番号で発着信できる。

 企業の顧客対応業務などで、「050」番号ではなく、「03」や「06」などの市外局番から始まる電話番号を利用できる。一方で、オンラインの音声通話サービスであるため、オフィスに固定電話機を設置したり、電話回線を引き込んだりする必要がない。設備の運用や管理負担を軽減できる。

 日本マイクロソフトとソフトバンクは、日本市場でUniTalkを普及させるために、共同の営業体制を拡充していく(写真1)。さらに、UniTalkのサービス拡充の一環として、AIを活用した自動翻訳機能や自動音声応答ロボットによる電話対応機能の開発などを検討していく。

写真1:日本マイクロソフト代表取締役社長の平野拓也氏(写真左)、ソフトバンク代表取締役副社長執行役員兼COOの今井康之氏(写真右)写真1:日本マイクロソフト代表取締役社長の平野拓也氏(写真左)、ソフトバンク代表取締役副社長執行役員兼COOの今井康之氏(写真右)
拡大画像表示
関連キーワード

Microsoft / ソフトバンク / Teams / Office 365

関連記事

Special

-PR-

ソフトバンク、Microsoft Teams向けに外線電話サービス「UniTalk」、1番号あたり月額800円日本マイクロソフトとソフトバンクは2019年6月17日、Office 365のコラボレーションツール「Microsoft Teams」で使える新機能として、固定電話番号で発着信できる音声通話サービス「UniTalk(ユニトーク)」を発表した。ソフトバンクが同年8月1日からTeamsユーザーに向けて提供する。価格(税別)は1番号当たり月額800円(別途ユニバーサル料金が必要)。初期費用は1000円。販売目標として100万契約を掲げる。

PAGE TOP