アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

翻訳会社の十印、AI翻訳サービス「T-tact AN-ZIN」を提供

2019年7月3日(水)IT Leaders編集部

宝印刷グループで企業向け翻訳サービスを手がける十印は2019年7月2日、AI翻訳サービス「T-tact AN-ZIN」を発表した。2019年7月29日から提供する。情報通信研究機構(NICT)が開発した国産の機械翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@TexTra」を利用している。価格(税別)は、クラウド版が月額5000円から。オンプレミス版は50万円からで別途保守費用が必要。

 AN-ZINは、機械翻訳を活用した自動翻訳サービスである(画面1)。テキストデータを簡単に機械翻訳にかけられる。APIを提供しているため、ユーザー専用の翻訳環境(オンプレミス版)を構築できる。日本語、英語、中国語簡体字、韓国語、欧州言語、東南アジア言語を翻訳できる。

図1:T-tact AN-ZINクラウド版の概念図(出典:十印)図1:T-tact AN-ZINクラウド版の概念図(出典:十印)
拡大画像表示

 ベース技術として、NICTが開発した機械翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@TexTra」を利用している。従来、NICTの機械翻訳エンジンを商用目的で使うためには、個別にNICTとライセンスの契約を交わす必要があった。一方、AN-ZINでは、簡単な手続きだけで商用利用できる。

 セキュリティも高めた。従来の機械翻訳サービスでは、翻訳対象の原文もしくは原文/訳文のペアを機械翻訳サービスの提供会社が取得するリスクがあった。AN-ZINでは、翻訳対象文書をユーザーの合意なく取得することはない。また、通信のすべてを暗号化するので、盗み見のリスクを回避できる。

 テキストを翻訳する機能のほか、ファイルやWebページをそのまま翻訳できる。エディタ機能を備えており、出力した訳文を修正して保存できる。ExcelやWord、OutlookやWebサイトで直接翻訳を行うことができる。編集した訳文を登録しておけば、次回同じ文章が出てきた際に利用できる。用語集によって、特定の用語を機械翻訳の訳文に反映することもできる。

関連キーワード

十印

関連記事

Special

-PR-

翻訳会社の十印、AI翻訳サービス「T-tact AN-ZIN」を提供宝印刷グループで企業向け翻訳サービスを手がける十印は2019年7月2日、AI翻訳サービス「T-tact AN-ZIN」を発表した。2019年7月29日から提供する。情報通信研究機構(NICT)が開発した国産の機械翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@TexTra」を利用している。価格(税別)は、クラウド版が月額5000円から。オンプレミス版は50万円からで別途保守費用が必要。

PAGE TOP