[新製品・サービス]

アシスト、JP1のジョブ定義が適切かどうかをレポート化するサービスを開始

2019年7月12日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2019年7月12日、ジョブ管理ソフト「JP1/Automatic Job Management System 3」(日立製作所製、以下:JP1/AJS3)のユーザーに向けて、ジョブ定義やジョブ管理規約の遵守状況をレポートにまとめて提出するサービス「JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービス」を発表した。同日付けで提供を開始した。

 JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービスは、JP1のジョブ管理ソフト(ジョブのスケジュール実行ソフト)の定義情報やログを基に、ジョブ定義やジョブ管理規約の遵守状況をレポートにまとめて提出するサービスである。ジョブの肥大化や複雑化といった問題を可視化する。約2~3週間でレポートを提出する(図1)。

図1:アシストが作成するレポートのサンプル(出典:アシスト)図1:アシストが作成するレポートのサンプル(出典:アシスト)
拡大画像表示

 レポートでは、現状のジョブ定義において、処理を遅延させる恐れのある設定値を見つけて指摘する。さらに、ジョブ管理規約の遵守状況を可視化し、ジョブ管理規約の標準化に向けた具体的なアドバイスを提供する。

 背景には、システムの増加や長年の利用にともない、ジョブが肥大化・複雑化しているという状況がある。担当者の交代やドキュメント不備によるブラックボックス化によって、ジョブ全体の把握が困難であったり、定義変更における影響の見極めやトラブル時の早急な原因特定が困難となるケースが増えている。

 価格(税別)は、20万円。評価・分析対象のジョブ定義は、1回あたり1スケジューラサービスで2万ジョブを前提としている。対象のJP1製品バージョンは、Version 8~Version 12。アシストとの製品サポート契約を締結または検討中の企業向けに提供する。販売目標は、2019年末までに30社。

関連記事

Special

-PR-

アシスト、JP1のジョブ定義が適切かどうかをレポート化するサービスを開始アシストは2019年7月12日、ジョブ管理ソフト「JP1/Automatic Job Management System 3」(日立製作所製、以下:JP1/AJS3)のユーザーに向けて、ジョブ定義やジョブ管理規約の遵守状況をレポートにまとめて提出するサービス「JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービス」を発表した。同日付けで提供を開始した。

PAGE TOP