[新製品・サービス]

アイレット、「VMware Cloud on AWS」の構築サービスを開始

2019年7月31日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アイレットは2019年7月31日、AWS(Amazon Web Services)上でVMware環境を利用できる「VMware Cloud on AWS」の構築サービスを同日付けで提供開始した。オンプレミスのVMware環境をAWSに容易に移行できるとしている。価格は、案件ごとの個別見積もり。

 VMware Cloud on AWSは、米VMwareとパートナ企業が提供するIaaS型クラウドサービスである。AWSのデータセンターに用意したベアメタルサーバー上でVMwareの仮想化ソフト群を動作させ、これを運用サービス付きのクラウドサービスとして販売する。2018年11月からはAWSの東京リージョンでも利用できる。

 クラウド型で利用できることから、オンプレミス環境の課題を解消できる。つまり、DR(災害時復旧)対策、サーバーの増強といったリソースの拡張、物理サーバーのハードウェアの保守切れや故障などにともなうリプレース対応、といった課題を解消できる。

 AWS上でオンプレミス環境と同様のVMware環境が動作する。このため、これまでオンプレミス環境で運用してきたVMware環境をクラウドに移行するマイグレーションが容易になる。また、オンプレミス環境とクラウド環境を組み合わせて使うハイブリッドクラウド化のハードルが下がる。

 この一方、VMware Cloud on AWSを導入するためには、AWSとVMwareの双方の知識が必要となり、ハードルが高いという。これを受けてアイレットは構築サービスを企画した(表1)。

 構築サービスでは、ユーザーによる構築の手間を解消するほか、各種のAWSサービスとの連携も支援する。オンプレミスのVMware環境とVMware Cloud on AWSを組み合わせたハイブリッド構成にしたいといったニーズにも応える。また、請求代行サービスにより、AWSサービス利用料を3%割り引く。

表1:サービス対応範囲
項目 作業内容
計画 アセスメント/要件定義
設計 AWS設計/VMware Cloud on AWS設計
AWS構築 VMware Cloud on AWS用VPCの構築
VMware Cloud on AWS構築 ●SDDC構築
- MGW設定
- CGW設定
- VPN/DX定
●HCX設定
●HLM設定(ハイブリッドクラウド構成の場合)
移行作業 移行サポート
ドキュメント Backlog Wikiにてパラメーター設定を記載
関連記事

Special

-PR-

アイレット、「VMware Cloud on AWS」の構築サービスを開始アイレットは2019年7月31日、AWS(Amazon Web Services)上でVMware環境を利用できる「VMware Cloud on AWS」の構築サービスを同日付けで提供開始した。オンプレミスのVMware環境をAWSに容易に移行できるとしている。価格は、案件ごとの個別見積もり。

PAGE TOP