[新製品・サービス]

UiPathがRPAマーケットプレイスの日本語対応を開始─AI関連など50のコンポーネントを無償提供

2019年8月1日(木)杉田 悟(IT Leaders編集部)

RPAツールベンダーの米UiPath日本法人は2019年7月30日、RPAマーケットプレイス「UiPath Go!」の日本語対応を発表した。英語以外の言語への対応は初めてとなる。併せて、AIを管理するためのプラットフォームである「AI Fabric」も発表している。

50のコンポーネントが無償で使える

 UiPath Go!は、RPAツールと連携して利用できるソフトウェアのマーケットプレイス。英語版は2018年10月にサービスを開始しており、これまでに利用したユーザー数は約1万5000、コンポーネントのダウンロード数は3万以上に上るという。英語版では600のコンポーネントが提供されているが、今回日本語化されたのは50コンポーネントにとどまる。

写真1:UiPath 代表取締役CEOの長谷川康一氏

 コンテンツの種類は、カスタムアクティビティ、スニペット、ワークフローテンプレート、コネクター、ダッシュボード、マシンラーニング(機械学習)モデル、ソリューションの7種類。このうち、ダッシュボードとマシンラーニングモデルについては、まだ日本語対応版のコンポーネントは提供されていない。

 カスタムアクティビティは、Microsoft Office 365やGoogle G Suite、IBM Watsonなど特定製品/サービスの生産性を向上させるためのアクティビティパッケージ。このほか、SAP、Salesforce、ServiceNowなどに対応した全25のパッケージが用意されている。

写真2:UiPath Go!のコンポーネント紹介画面。日本語版はすべてのコンポーネントが無償で利用できる。(出典:UiPath)
拡大画像表示

 スニペットは、特定の処理に特化した小規模なコンポーネントのこと。UiPath Go!では、ServiceNow向け、Excelファイル向けの2製品が提供される。ワークフローテンプレートはSAP向けを中心に11製品、コネクターは名刺管理サービスのSansanやAI-OCR、チャットボットなど4製品(関連記事UiPath、UIベースでなくAPI経由でSansanの名刺情報を取得可能に)。ソリューションは、UiPathをより便利に管理・活用するためのもので、8サービスがエントリーされている。

 50のコンポーネントの中にはUiPathが自社開発したものだけでなく、パートナーが開発したものも含まれているが、今のところUiPathユーザーであればすべてのコンポーネントが無償で利用できる。

 UiPathでは、「RPA×AI」の取り組みに注力しており、マーケットプレイスには、AI関連のコンポーネントが11個エントリーされている。代表取締役CEOの長谷川康一氏は、「RPAでできなかった自動化が、AIで行えるようになる」とAI連携の重要性を強調している。「そのためには、AIの知識がなくても、RPAを使いこなせる人がAIを簡単に使えるようになることが必要」だという。

●Next:AI連携強化のためにUiPathが用意したものとは?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

UiPath

関連記事

Special

-PR-

UiPathがRPAマーケットプレイスの日本語対応を開始─AI関連など50のコンポーネントを無償提供RPAツールベンダーの米UiPath日本法人は2019年7月30日、RPAマーケットプレイス「UiPath Go!」の日本語対応を発表した。英語以外の言語への対応は初めてとなる。併せて、AIを管理するためのプラットフォームである「AI Fabric」も発表している。

PAGE TOP