開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC、業務システムのマイクロサービス化/コンテナ化を支援する新ソフトウェアを発表

2019年8月22日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2019年8月22日、業務システムのマイクロサービス化/コンテナ化を支援する新たな運用管理ソフトを発表した。あわせて、HCI(ハイパーコンバージドシステム)の強化やシステム運用管理ソフト「WebSAM」の強化も発表した。これらの製品群によって、ITシステムのモダナイゼーション(近代化)を支援する。製品は順次提供する。

 NECは今回、新製品として、業務システムのマイクロサービス化/コンテナ化を支援する新たなソフトウェアを用意した(図1、記事末の表1)。(1)マイクロサービス化の対象業務の抽出を支援する「SystemDirector Microservice Toolkit」と、(2)コンテナの運用管理を省力化する「NEC Workload Manager for Container Platform」である。

図1:業務アプリケーションをコンテナ技術などを用いてモダナイズ(近代化)するための製品群を強化した(出典:NEC)図1:業務アプリケーションをコンテナ技術などを用いてモダナイズ(近代化)するための製品群を強化した(出典:NEC)
拡大画像表示

 (1)のSystemDirector Microservice Toolkitを使うと、データベースへのアクセスや、複数のプログラムにまたがるフローの呼び出しを可視化できる。これにより、ソースコードの分析にかかる工数が減る。NECによる試算では、マイクロサービス化の対象候補を切り出す際の検証作業を約60%削減できるとしている。

 (2)のNEC Workload Manager for Container Platformを使うと、コンテナの運用業務を効率化できる。運用管理のルールを定義したテンプレートをベースに監視や操作の条件を入力するだけで利用できる。また、Webブラウザ上でコンテナの構成履歴や稼働状況などを確認できる。

システム実行基盤となるHCIは運用の自動化を強化

 これらにあわせて、マイクロサービス/コンテナの実行環境となるJavaアプリケーションサーバーソフト「WebOTX Application Server」も強化した。マイクロプロファイル仕様やフォールトトレラント(無停止)機能に対応するなど、マイクロサービスを容易に開発できるようにした。

 業務アプリケーションを稼働させるハードウェア基盤も強化した。NECが提供しているHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)機器「NEC Hyper Converged System」を強化した(関連記事NECがハイパーコンバージドを製品化、システム構成やソフトを柔軟に変更可能)。HCIに付属する専用の管理ツール「NEC Hyper Converged System Console」を強化したほか、HCIを構成する各部品のバージョン管理・更新を一括して管理できるサポートサービスを用意した。

 専用の管理ツールであるNEC Hyper Converged System Consoleでは、運用作業を自動化する機能を搭載した。例えば、障害の予兆を検知できるようにした。また、システムの利用状況をまとめたレポートの作成時間を、従来の8時間から約30分に削減した。導入も容易にした。共同検証によると、従来製品に比べて導入工数を約70%削減し、パッチ管理・適用工数を約67%削減した。

システム運用管理ソフト「WebSAM」も強化

 システム運用管理ソフトのWebSAMも強化した。例えば、障害検知から復旧までの時間を短縮、ジョブ実行管理の効率化、セルフポータル画面を通じたリソース払出の自動化、Webブラウザベースでの利用申請/承認機能などを強化した。

 ユーザーへの導入実績によると、「WebSAM vDC Automation」と「WebSAM SigmaSystemCenter」によって、1ユーザーあたりのクラウドサービス基盤の運用コストを約50%削減した(約20時間から約10時間以下へと削減した)。「WebSAM JobCenter」では、クラウド上での定常運用業務の自動制御部品の提供を通じて、クラウドサービスの運用経費を約20%削減した。

表1:製品群の価格、出荷日、概要
製品名 価格(税別) 出荷日 製品概要/強化概要
「ITインフラストラクチャ環境のモダナイゼーション」を支援する製品群
NEC Hyper Converged System 811万6300円から 2019年9月17日 仮想化インフラ/バージョン管理支援
サーバ診断カルテサービス 保守サービス契約に含む 2019年9月下旬 稼働状況可視化サービス/比較機能追加
「アプリケーション環境のモダナイゼーション」を支援する製品群
SystemDirector Microservice Toolkit 42万円から 2019年8月22日 マイクロサービス化支援キット/新規リリース
NEC Workload Manager for Container Platform 101万2000円から 2019年8月22日 コンテナ運用管理/新規リリース
WebOTX Application Server 24万円から 既出荷 アプリケーションサーバー/マイクロサービス対応
「オンプレミス/クラウド環境全体の統合管理」を支援する製品群
WebSAM System Manager G 75万9600円から 2019年11月8日 システム統合監視/コンテナ対応
WebSAM JobCenter 30万円から 既出荷 ジョブ自動化/コンテナ対応
WebSAM SigmaSystemCenter 29万8000円から 既出荷 プラットフォーム統合管理/Microsoft Azure対応
WebSAM vDC Automation 69万から 既出荷 クラウド運用自動化/Microsoft Azure対応
関連記事

Special

-PR-

NEC、業務システムのマイクロサービス化/コンテナ化を支援する新ソフトウェアを発表NECは2019年8月22日、業務システムのマイクロサービス化/コンテナ化を支援する新たな運用管理ソフトを発表した。あわせて、HCI(ハイパーコンバージドシステム)の強化やシステム運用管理ソフト「WebSAM」の強化も発表した。これらの製品群によって、ITシステムのモダナイゼーション(近代化)を支援する。製品は順次提供する。

PAGE TOP