[新製品・サービス]

UEI、ディープラーニング用途に特化したサーバー機の最上位モデルを一新、GPUの性能を向上

2019年8月22日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

UEIは2019年8月22日、ディープラーニング(深層学習)用サーバーの最上位モデル「Deep Station Enterprise」のラインアップを一新し、受注を開始した。新ラインアップでは、ラックマウント型モデルが搭載するCPUとGPUの性能を高めた。一方、デスクトップモデルは、スペックの変更はないが、価格を下げた。

 Deep Stationシリーズは、ディープラーニング(深層学習)用途に特化したサーバー機である(写真1)。最大の特徴は、ディープラーニングの学習を高速化する浮動小数点演算ユニットであるGPU(グラフィックス処理プロセッサ)を搭載していることと、ディープラーニングを簡素化するソフトウェア「Deep Analyzer」(ギリア製)をLunux OS(Ubuntu 18.04)とともにプリインストールしていること。

写真1:Deep Station Enterpriseの外観と、Deep Analyzerの画面(出典:UEI)写真1:Deep Station Enterpriseの外観と、Deep Analyzerの画面(出典:UEI)
拡大画像表示

 Deep StationのEnterpriseモデルは、最上位モデルに当たる。Enterpriseモデルは、本体形状やGPU搭載数などに応じて、3種類のモデルで構成する。価格(税別)は、デスクトップ型(GPU×5基)が192万6000円、1Uラックマウント型(GPU×4基)が207万8500円、2Uラックマウント型(GPU×8基)が288万1400円である。

 今回、ラックマウント型2モデル(1Uおよび2U)について、CPUとGPUの性能を高めた。CPUは、Xeon Silver 4208×2基を搭載する。GPUは、従来のNVIDIA GeForce RTX 1080 TiからNVIDIA GeForce RTX 2080 Tiへと性能が向上した。なお、GPUとしてNVIDIA Tesla V100 32GBも選択可能である。

 デスクトップ型モデルについては、スペックに変更はなく、価格を旧価格の223万1000円から192万6000円へと下げた。CPUはXeon Silver 4110×2基、GPUはNVIDIA GeForce RTX 2080 Ti×5基を搭載する。なお、GPUとしてNVIDIA Tesla V100 16GBも選択可能である。

関連記事

Special

-PR-

UEI、ディープラーニング用途に特化したサーバー機の最上位モデルを一新、GPUの性能を向上UEIは2019年8月22日、ディープラーニング(深層学習)用サーバーの最上位モデル「Deep Station Enterprise」のラインアップを一新し、受注を開始した。新ラインアップでは、ラックマウント型モデルが搭載するCPUとGPUの性能を高めた。一方、デスクトップモデルは、スペックの変更はないが、価格を下げた。

PAGE TOP