[市場動向]

九州工業大学とTableau、データサイエンス教育で協力

2019年8月27日(火)IT Leaders編集部

九州工業大学は2019年8月26日、九州工業大学情報工学部の新入生500名にデータ分析ソフトウェア「Tableau Software」を2019年9月から順次提供し、データサイエンス教育で協力すると発表した。また、九州工業大学が2019年4月に新設した大学院のデータサイエンスコースでもTableauを採用する予定で、大学院生の教育や研究に使用する。

 九州工業大学は情報工学部を持ち、IT人材の育成に力を入れてきた。今回、米国の多くの大学の授業で使われてきた実績があるTableauの採用を決定した。授業にデータ分析を取り入れることで、アクションに結びつく知見を得られる。学生は、卒業後も仕事に役立てることができ、即戦力に結びつく能力を身につけられる。

 九州工業大学は、Tableauのアカデミックプログラムを活用し、学生と教師向けにTableauのライセンスを提供する。Tableauのアカデミックプログラムは、次世代のデータ人材を支援するためにライセンスを無料で提供する取り組みである。オンライン学習やコンテストの実施などによって、学習をサポートする取り組みも行っていく。

 Tableau Japanは今後、九州工業大学向けにトレーニングやワークショップを提供し、学生がデータ分析に関する知識を深め、能力を向上することを支援する。また、このような取り組みを他大学にも広げ、データサイエンティストの育成を支援する。

関連キーワード

九州工業大学 / Tableau

関連記事

Special

-PR-

九州工業大学とTableau、データサイエンス教育で協力九州工業大学は2019年8月26日、九州工業大学情報工学部の新入生500名にデータ分析ソフトウェア「Tableau Software」を2019年9月から順次提供し、データサイエンス教育で協力すると発表した。また、九州工業大学が2019年4月に新設した大学院のデータサイエンスコースでもTableauを採用する予定で、大学院生の教育や研究に使用する。

PAGE TOP