[新製品・サービス]

富士通、NVIDIA GPU搭載サーバーの検証設備を開設、専任サポート要員がユーザーを支援

2019年8月28日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通とエヌビディアは2019年8月28日、ユーザー企業へのGPUコンピューティング環境の導入を支援する活動で協業を強化すると発表した。取り組みの1つとして、GPU搭載サーバーの検証施設「FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションセンター」(港区、富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター内)を同日付けで設立した。

 富士通とエヌビディアは、GPU搭載サーバーによるGPUコンピューティング環境の導入を支援する施設として、FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションセンターを開設した。同センターには、検証用のサーバー機を常時配備し、富士通およびエヌビディアの専任サポート要員がユーザーを支援する。

 具体的には、VDI(仮想デスクトップ環境)やAI(人工知能)といったGPUの活用用途に合わせて、GPU搭載サーバー機の性能検証テストを実施できる。また、ユーザーがGPU搭載サーバー機を導入するにあたって必要になるソフトウェアの設定作業からテスト結果の妥当性の検証までを、一貫して支援する。

 このほか、富士通が販売するGPU関連製品を拡充する。VDI向けには、GPUカード「NVIDIA Tesla M10」に、VDIヘのGPUリソースの割り当てを制御するソフト「GRIDソフトウェア」をバンドルした製品「NVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10」を富士通から提供する。価格はオープン。

 また、PCサーバー「PRIMERGY RX2530 M5」および「PRIMERGY RX2540 M5」を、エヌビディアによるNGC-Ready認証を受けた構成で、富士通から提供する。本構成では、AIの学習と推論、データ分析、画像処理など、各種のワークロードを高速化できるように、GPUカードの「NVIDIA T4 GPU」を搭載する。価格(税別)は、131万4800円から。

関連記事

Special

-PR-

富士通、NVIDIA GPU搭載サーバーの検証設備を開設、専任サポート要員がユーザーを支援富士通とエヌビディアは2019年8月28日、ユーザー企業へのGPUコンピューティング環境の導入を支援する活動で協業を強化すると発表した。取り組みの1つとして、GPU搭載サーバーの検証施設「FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションセンター」(港区、富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター内)を同日付けで設立した。

PAGE TOP