[新製品・サービス]

DDS、多要素認証基盤ソフトを強化、マイナンバーカードを本人確認手段として利用可能に

2019年9月9日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ディー・ディー・エス(DDS)は2019年9月9日、多要素認証基盤ソフト「EVE MA」を強化し、認証手段としてマイナンバーカードを利用できるようにするプラグインを追加したと発表した。同日付けで提供を開始した。従来、ICカード認証としてはFeliCaとMIFAREの2つを使えていたが、今回マイナンバーカードを追加した。Windowsログオン認証やアプリケーションなどへのログイン認証に利用できる。

 EVE MAは、多要素認証基盤ソフトである(図1)。各種システムに対するID/パスワードのユーザー認証を、多要素認証方式に置き換えることができる。各種プラグインの追加によって、生体認証(指紋、顔、指静脈、手のひら静脈)やICカード認証(FeliCa、MIFARE)など、各種の認証手段を追加できる。

図1:多要素認証基盤ソフト「EVE MA」のアーキテクチャ。プラグインの追加によって各種の認証デバイスを認証手段として利用できる(出典:ディー・ディー・エス)図1:多要素認証基盤ソフト「EVE MA」のアーキテクチャ。プラグインの追加によって各種の認証デバイスを認証手段として利用できる(出典:ディー・ディー・エス)
拡大画像表示

 今回、ICカード認証の手段を拡充し、これまでのFeliCaとMIFAREに加えて、新たにマイナンバーカードを利用できるようにした。本人認証用ICカードとしてマイナンバーカードを利用し、PCログインなどの本人確認に利用できるようにした。DDSでは、これを機に、ユーザー企業や自治体がマイナンバーカードを本人認証カードとして使う取り組みを支援するとしている。

 EVE MAのソフトウェアは、認証サーバーソフト(Windows Server上で動作)と、認証クライアントソフト(各種Windowsで動作)で構成する。別途、利用したい認証手段に合わせて、ICカードリーダーや生体認証デバイスなどを用意する必要がある。これらのデバイスを使うためのプラグインソフトを用意している。

 EVA MAの導入にあたっては、SIサービスも提供する。ユーザーが抱える課題を理解した上で、事前検証、要件分析、設計・構築、運用開始までの導入プロセス、さらに運用開始後に発生する運用課題の解決まで支援する。製品が提供する機能を最大限活用すること、製品の購入から展開までの導入期間を短縮すること、安定したシステム運用が行えること、を重視する。

関連記事

Special

-PR-

DDS、多要素認証基盤ソフトを強化、マイナンバーカードを本人確認手段として利用可能にディー・ディー・エス(DDS)は2019年9月9日、多要素認証基盤ソフト「EVE MA」を強化し、認証手段としてマイナンバーカードを利用できるようにするプラグインを追加したと発表した。同日付けで提供を開始した。従来、ICカード認証としてはFeliCaとMIFAREの2つを使えていたが、今回マイナンバーカードを追加した。Windowsログオン認証やアプリケーションなどへのログイン認証に利用できる。

PAGE TOP