[新製品・サービス]

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供

2019年9月11日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

マクニカは2019年9月10日、産業用のIoT基盤ソフトウェア「MindSphere」(ドイツのSiemensが開発、日本法人はシーメンス)の取り扱いを開始したと発表した。日本国内外の製造業に向けて、MindSphereや、MindSphereをベースに開発したサービスを提供する。これに合わせてマクニカは、MindSphereのパートナープログラムにゴールドパートナーとして参加した。

 MindSphereは、産業用のIoT基盤ソフトウェアである。IoTデータを活用した産業用アプリケーションを開発・運用するための機能群を、PaaSサービス(クラウド型の開発・運用基盤)として提供している。

 今回マクニカは、MindSphereの取り扱いを開始した(図1)。提供方法の1つとして、マクニカの自社サービスにMindSphereの機能を組み込んだ新たなクラウドサービスを提供する。要素として、マクニカが製造業向けに開発したサービスや、シーメンスが提供するアプリケーションなどを活用している。

図1:マクニカ×シーメンス スマートファクトリーサービスの概要(出典:マクニカ)図1:マクニカ×シーメンス スマートファクトリーサービスの概要(出典:マクニカ)
拡大画像表示

 マクニカが新たに提供するサービスは、スマートファクトリーを実現に必要な要素をパッケージ化している。スマートファクトリーの導入計画の策定、設備やヒト・モノからのデータ収集・分析・可視化、AIや機械学習などのアルゴリズムの生成、システムの構築・運用、システム保守、などで構成する。

 この新サービスを導入することによって、工場の設備や工程の課題を総合的に解決できるとしている。例えば、製造ラインの不良原因を分析して歩留まりを改善したり、設備の故障や劣化を予測して予知保全を実現したり、AIを活用した外観検査を実施したりできるようになる。

 一方、工作機械を中心とした産業機器メーカーに向けては、MindSphereのPaaSサービスを、そのままアプリケーション構築基盤として単体で販売する。産業機器メーカーは、MindSphereのPaaSサービスを利用して、産業機器メーカーの顧客である製造業に向けて、独自のアプリケーションを開発してSaaS型クラウドサービスとして提供できる。

 MindSphereの取り扱いを開始した背景には、日本は欧州などと比べてスマートファクトリーの実現で遅れをとっている、という状況がある。日本国内の製造業は、データ収集や分析などのAIやIoTに関する技術や、導入計画の策定などのノウハウが不足しているという。

関連キーワード

マクニカ / Siemens / スマートファクトリー

関連記事

Special

-PR-

マクニカ、産業用IoT基盤ソフト「MindSphere」を販売、MindSphereベースの独自サービスも提供マクニカは2019年9月10日、産業用のIoT基盤ソフトウェア「MindSphere」(ドイツのSiemensが開発、日本法人はシーメンス)の取り扱いを開始したと発表した。日本国内外の製造業に向けて、MindSphereや、MindSphereをベースに開発したサービスを提供する。これに合わせてマクニカは、MindSphereのパートナープログラムにゴールドパートナーとして参加した。

PAGE TOP